11/2 11日目 二度目の有福温泉体験は。

2012.11.06
朝9時三瓶山麓の温泉『さしめ野』出発、県道40下ってすぐ国道375標識4℃寒い、本日のコースは単純で県道40国道261県道7、県道50で到着できる有福温泉。距離にして70km程度楽な走りで、気楽に走れるはずが寒いのに閉口、粕渕から道路は三江線と絡み合い並走石見川本、対向車線走るライダーと信号待ちで談合すると、何となんと埼玉県所沢在住の方、細君実家が江津で三瓶まで走るとは世の中狭い。

これが駅?と思うような小屋駅続く三江線と別れ、道の駅『かわもと』で海苔巻きすしで早めの昼食小休止。国道261を12km走って県道7へ右折、道路あちこち工事中で片側通行、曲路狭路を走り続け県道50分岐、悪路離合不能で迂回指示の看板ある県道50に強引に侵入、いやあ落ち葉落石散乱酷い下り道、細心の注意喚起し低速走行続け、日本原風景を楽しむ、こんな山中にも旭温泉、美又温泉と寂れた温泉を抜け、これまでとは段違いの道路になるとすぐ有福温泉。

裏日本縦走三爺ツアーの折は下から上った有福温泉、今回は真逆の上から下っての到着となった。神さんに到着コールするとこれからバス乗車するところ、江津駅前なので40分ほど遅れで到着、宿の別棟喫茶店で一服時間待ちしてバス停で出迎え15時ちょい前。

夕食後フルートコンサート演奏会開かれると言われ、喫茶部へ立寄ると明日の金婚式を祝って1曲プレゼントあり、満席の客人から羨望の目で眺められては照れるわ。祖谷のタクシー女社長の言葉は『良く持ちましたね』でこっちらは気楽で大笑だった。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【20:36】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ