10/26 第4日目小豆島の体験。

2012.10.27
神さんの島内めぐりはオリーブ公園、二十四の瞳映画村、寒霞渓。俺っち、それに合わせたが興味ないオリーブ公園は通過、映画村は表から覗いただけ、神さんは分教所入場、二人一緒は寒霞渓ロープウエイ観光だけ、紅葉色づいておらず期待大きかった割りにはそれ程でなく少々がっかり。

草壁港まで下り一緒に昼食の予定が頼んだタクシー遅れ、俺っちのみで食べた草壁バス停裏の食堂体験。

昔むかしのその昔大学生の頃都心の食堂、各種惣菜の皿が棚に並び、気に入った皿を選ぶと味噌汁とご飯が運ばれ、皿数で値段が計算されるシステム、小豆島の食堂で体験するとは思わなかった。

惣菜は冷えてしまってたが温かい味噌汁と温かいご飯が運ばれた、驚いたのはご飯茶碗がとても温かかったこと、茶碗だけ別に温めて置かれたはずと思って、会計する際おばちゃんに問うたところ、茶碗を別に温めて居るという。失礼ながら島の薄汚い食堂でまさか、これまで味わったことないもてなしを受けるとは夢にも思わなかった。

電子レンジで簡単に温めるられるコンビニ、マニアル応対から心は全く伝わってこない、温かい茶碗から人の温もりが心に心地よく伝わり、感動が押し寄せてきた。たったの¥600の食事から商売の真髄を感じ、感動を伝えると奥からもう一人のおばちゃんから『ありがとう』の声返り、おばちゃん二人でやってる様子。いつまでも続いてほしい店の営業、そして客人は感じて欲しい思いやりの心。

岡山に渡って泊まったビジネスH、夕食に出かけた街中の寿司店、冴えた技の美味しい寿司食べ会計したら、外までお見送りさせてくださいと平身低頭、こちらも感謝の気持ち伝える技だろうが、う~ん、あんたならどう思う。

付け加えておきたいのは、どうしてなのか島内の車は自転車気遣って走ってる感じ、特に後方で追越待機したトラックあり??同じ四国でも大違い、どうして…
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【02:16】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ