10/23  50周年コラボツアー初日

2012.10.24
前日午前さま帰宅で睡眠3時間で起床。早朝5時リムジンバス停まで神は徒歩俺っち自走、羽田発8:05高知行きANA便搭乗直前。俺っち妹子息が心不全急死の知らせ受けるも、13日間のツアー計画すべて手配済み予定変更せず。高知空港到着すると次、沖縄の友からの着信気づき応信スカイツリー見物で上京とは、こちらも何ともならず。

生憎外は雨天、空港からの自走を変更、とり合えず高知駅までリムジンバス乗車で神と同席。出足くじかれた感あるも、逆境反発打たれ強い持ち前の気質は弔い合戦とばかり街中に向かって発進。ところがぎっちょんしばらく走り、向かう先が高知空港に逆走と勘違い戻ったのが悪く、迷走繰り返すことになり国道32号合流ホッとするまで時間浪費。

大垂水峠ぐらいと気にも留めなかった峠越え、登坂車線標識何度も繰り返し目に入る坂で体感では倍ほど大変だった、気温低く冷えるので尿意も頻繁に発生、山中走行で野立ち場所に事欠かないが停車せにやならんのでのう…

僅かな救いは雨止んでくれ合羽が脱げた事かな、大豊まで走るとつい先頃走った路面で気楽になる、大歩危駅に着き一休み神に現在地確認電話、特急『南風』乗車中と聞き大歩危駅から宿に向かうと伝え出発、ラストの坂上り頂上直前でまたも雨降り出し、再度合羽着用トンネル越えると急降下、防寒になって返って良かったのかも。

祖谷温泉に着き輪行袋に収納してたら神乗車の送迎車も到着ナイスタイミング、山奥の一軒宿秘境に驚き目を丸くし、自転車で走って到着平然としている爺さんに感服の様子、う~んやったね。それにしても山奥どこまで走っても住居などある気配なく、暗くなり始める前に到着できるだろうかちょっぴり気にかかったほど。

コンビニおにぎり1ヶとお茶だけの昼飯で、エコ走行続けたら到着と同時に猛烈な空腹感、売店で食べ物たくさん買い込み部屋に戻ると、土産購入かと勘違いした神ささま、今日明日で食べると聞き目を白黒。食べる楽しみ失った年寄は、老人じゃなくて廃人、でも、ブルベ剣豪にはとても太刀打ちできませんわ、彼は食豪老人来年からは70代爺の会員になるので心強いわ。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【03:26】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ