奄美大島は最高じゃ。

2012.03.29
第2CPまでは46kmこの間規制甘く、午後2時迄到達すれば良く第1CPの貯金もあって、15km/h以下でもOKと気楽な区間だった。後方から快走追い抜く車にピッたんこマーク、強風吹きまくる島風避け楽走道中を続けてたが、坂道になった135km地点で突然両腿電流走る、痙攣の前兆にスピード極度に落とし、だましだましながらの低速走行、153kmのポイント地点まで18km、頂上までの5kmほどがラスター監督状態、片側交互通行の工事区間もあり、止まると危険強く踏むは厳禁、負荷最小限を心がけ、1時間の我慢走で何とか第2CPに到着すぐトイレ。

3つ目のおにぎり背中から出し食べ、副菜パックの魚フライその他諸々食べ、ポカリをコップに1杯、半切りバナナ1ケと小さなお菓子を口にすぐ出発。とにかく風が強いのには往生、Eランだったら危ないから中止となる強風、一度前輪大きく飛びハットした瞬間もあった。後方から地元の仲間が届き、左手湾内対岸に見えるのが加計呂麻島で、時間がゆったり流れ良いとこですよと教えてくれた。次は神同伴して、も一度奄美大島体験しようと心うきうき、今さっきまでの苦しみは何処へ行ったの…

前方に見慣れたおきなわキッズジャージ発見、しばらく電車ごっこで走り第3CPチェックすませすぐ出発。と強烈な向かい風の上り坂になる、足攣ったら大変と道端に停車、背ポケに残る副菜を食べ暫し休息、移動審判バイクから大丈夫ですかと声かかり、腹減ったので腹ごしらえなのご心配無くと応答。

一山越えるとまた一山と続き、物食べたので今度は喉渇き、下ったところで自販機見つけホットドリンク一息入れていると、通りがかった三輪車の幼児連れ若ママから、あと少しですから頑張って下さいのエール。水分補給したら次は放水したくなり、年寄りって困ったものよな、あちこちトイレ探しの迷走も時間内にゴールインできた。

宿へ戻る街中で場所わからなくなり、あわやだったが偶然戻れ助かる。温かい風呂浴びたくレーパン脱いでびっくり、新品レッグウオーマー締め付けきつかったか、両腿が赤く腫れあがり無残な状態よ、痙攣誘因は練習不足もあろうが、実はこちらが主犯だな、両腿なでまわしごめんよと謝る。

それにしても腰痛が全く出なかったのはどうしてだろう、腰痛でてたら腿痙攣も抑えられなかったかも知れん。
奄美大島は沖縄同様杉が無くスギ花粉症は当然無しと聞く。奄美は島民に甘みがありやさしい感じ、この冬から我が避寒場所は奄美大島に決定。
島内いたるところで応援して頂いた島民の皆さんに大感謝。貴重な思い出をありがとう。マイウエイ、アクションにもありがとう。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【21:41】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ