FC2ブログ

3/15 カメも走った土山峠越え宮ケ瀬ラン。

2009.03.15
本日雲ひとつない青空、気温高くはないが冬の寒さと違って3月もなかばは、歌の文句じゃないけれどもう春で~す、ボンディング着用も下着は半袖じゃ、まだ花粉飛び散る季節なので、付着しても叩けば振り落とすが楽=ボンディングとなる。

絶好のサイクリング日和あちこちで力走中のサイクリスト目に入り、嬉しくなって回すペダルも力が入るわ。物事は考えようで仕事が暇なときこそ、体力鍛える絶好のチャンスと捉え、多事多難に耐えうる強健な心身をつくろうぜ。今までがよかったのだから我慢辛抱も苦にせず、また良き時が間違いなく再来すると考え、山あれば谷もあるさ気楽にあちこち走ろうぜ、あるいは何か見えてくるかもよ。

土山峠越え宮ケ瀬うさぎ班走るコースが最楽最短距離の感じも、カメ班で同じコース走ると次第に遅れ差が広がるだけ、なら別コース走った方が楽しかろと日野橋渡り新開通の路面を高幡橋へ、曲がりにくい右折で北野街道走り、平山左折坂のぼりトンネルくぐって堀之内、うさぎ班最後部集団が前方直進するを横目に野猿街道鑓水へ、R16橋本へ出て斜め右折し三菱キャタピラー裏を上田名、クラブラン初案内のコース走りふれあい科学館でトイレ休憩。内陸工業団地横断R129厚木金田右折R246妻田信号右折R64、清川村役場前で二度目のトイレ休憩後土山峠越え花粉飛び散る宮ケ瀬。

待ちくたびれのうさぎ班に合流、帰路は集団を細切れ任意編成で出発、カメ班いつもの津久井湖畔回りでEーD八王子へ向かう。湖畔から津久井まで行楽車で大渋滞。ボトル持たない反動か帰着後飲んだくれたお茶の量すごく、頻繁に尿意もよおし尿量も半端ではない、水と全く変わらぬ尿色眺め老廃物どんどん洗い流してるんだろう、体長良好疲労もなしと勝手に決め込み、自己診断がすべてじゃと満足、天下太平家内安穏俺っち忍者よ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ