FC2ブログ

爺に宿題なしも、問題山積どうする~

2007.09.16
前の日に友に誘われ東京ドームのナイター野球観戦。商売繁栄も有難いことであるが、応対する販売スタッフが疲労し笑顔の応対ができないようでは大問題。土日の来客状況眺め対応策をと考え、ドームに向かう途中で原宿下車店舗を覗く。来客多数で熱気ムンムン感謝も、忙しすぎで応対に問題生じたら顧客に失礼で、これだけは避けたいと願っている。

まず考えたのは、『時は金なり』社員たちに自分の時間が無いのではと考え、休業日を更に増やす事と販売商品の限定の二方法。

今でも休業日が多いのに更に休むのは顧客に悪いと言う声あるも、疲れた応対したら反って失礼ではと考えるがなあ。

その弐アイテムを絞る、その方法。気に入らない問屋を斬る。アメ車を販売しない。この両方法は俺っちのわがまま斬りの色濃いが、でもなあアメ車っていずれ自社直販で問屋も小売りも排除だぜ。

実現可能かと思った秘策?は当社イベントに毎回協賛、同盟連合体のような、パールとアソスを残し他社製ウエア類の販売全廃。実はこの方法は副艦長も同調、やるかとなったが後継者達が難色。中途半端はだめよ、やるならバッサリ忍者流だぜ。

超小企業でありながら大企業に先駆け週休完全2日制(前業ラボ時代毎週水、日の二日)実施、店内全面禁煙も早かったぜ、反対もあったが強行、今はいずれも常識。専門店の販売商品もいずれそうなるさ。半分棺桶に足入れた老体だから強いては言わんが、確かな先を見る目を持つ忍者だから、無視はできんぞ。

そうだ忘れるとこだった、北海道の輪友宇宙遊泳の旅から生還、俺っちにブドウありがとうの声届いた。おおさわやかに光戻ったよかったお

商圏拡大の意思全く持たず、共存共栄信念の戦艦艦長も数年後には後進に道を譲る年齢、ここで方向性を再度見直したいと考えるに、物言わぬ盲従艦員達にも困る。艦長、副艦長交代で自分達に指揮権移譲された時、それで業界荒海の中を生き抜けるのか一抹の不安を抱くよ。

諸兄ならあれこれどう考える。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

北海道の輪友宇宙遊泳の旅から生還の知らせ

ひとまず安心しました、ありがとうございます。
明日にでもハガキを書いてみます。
2007/09/17 21:55 URL | キッズ #- | 編集
貴店はロード専門店ですので、アメ車は不要と思います。ウェアに関しては前出の2社以外にも素晴らしいブランドはあるので行き過ぎかと・・・
2007/09/18 11:23 URL | 一顧客 #- | 編集
どうもお店と問屋の話だけで、利用する客のことが抜けているように思います。

アソス、パールが出していないアイテムは沢山ありますし、そういうアイテムがなくなればお店の魅力は激減します。色々な商品の中から選べるのも、私にとってのなるしまの魅力です。

ヨーロッパ製ロードバイクだけがロードバイクではありません。アメリカのメーカーにも魅力的なバイクは多く、だからこそT社、C社、S社などのバイクに乗る人も多いのです。

利用する客が欲しいと思う商品をお店に並べる。この基本を忘れてはいないでしょうか?
2007/09/19 22:04 URL | #- | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ