FC2ブログ

10/20 房総半島の旅終了

2018.10.23
久里浜港から自走は何処走っても、複数回の走行経験あり面白味皆無で、あれこれ考えた挙句途中駅まで輪行する事に決め、京急線仲木戸駅からの自走とした、浜金谷から久里浜フェリー輪行後、京急久里浜から京急仲木戸までも輪行するので、久里浜から仲木戸下車するまで、駅名列記したら何と仲木戸まで27駅あり、希望の各駅停車に乗車でどれ程位時間掛かるか?まそれ調べるのが先決だなで就寝。この問題は意外に早く45分くらいと判明した。


朝目覚めカップ麺も一つ買っておけば、良かったなと思いながら食べ終え出発、R127保田,浜金谷でフェリー港迄はすぐで、到着したら車は全て乗船ずみで出帆直前、係員が到着払いで乗せてくれたので、次便発まで1時間待たずにすみ助かった、久里浜港切符売場で有難うねと支払完了。自走で京急久里浜駅に向かい時刻表見ると、久里浜駅からは普通車って発車しておらず快速か特急だけ、それでは普通車しか止まらない駅に降車したい人は、どうすればよいのか時刻表眺めて疑問を感じたけど?この件解決しておらず…

結局乗車した快速電車は北久里浜、横須賀中央、金沢八景、金沢文庫、上大岡、横浜と停車して横浜で降り、西口からR1自走直ぐR15に右折となり、中国人店主の店でサービスランチ頼むと¥800.で、五目ラーメンに半炒飯と小籠包2けにスープ、とても食べきれず炒飯手付かずで残したけど、湾港労働者なら食べられるわなと感じた。

仲木戸までR15のまま走り、TNスロープ抜け目的のr12走行となった。東白楽駅から岸根で新幹線をアンダーパス、小机駅前から左江戸で中原街道横切り、柿生に出るはずだったのに、貝の坂分岐で右方が市が尾表示に嫌気して、左方r140町田方面にハンドリ切ってしまい、前回と全く同じ展開になってしまったと思ったが戻らなかった。そうこのコース以前に走ったことあるのよ、もう仕方ない前回コース再度の確認走だなと諦めた。

小山からr158尾根幹線を上り、r155に左折再度r158に左折し鑓水からR16、御殿峠を上り下りして我家へ到着したが、そのまま真っ直ぐ帰るは芸がないと、考えたガキの小細工悪足掻きでした。以上、房総半島霞ヶ浦の1週間のお楽しみ詳細でした。

本日走行距離 59.19km 走行時間 3時間6分15秒 AV 17.0km 輪行 浜金谷港=久里浜港 京急久里浜=横浜


関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

Большинство из скважин со времени выполнения восстановительного комплекса действий имеют все шансы быть снова введены в использование. Тем более что итоговая стоимость таких работ в несколько раз ниже суммы непосредственных сооружений.
Обеспечено повышение дебита водозаборной скважины не менее тридцати процентовЫ от существующего на момент запуска действий.

В восьмидесяти процентов случаях скважины восстанавливаются до первоначальных данных при включении в эксплуатацию скважины, это проявляется альтернативой производства буровых работ новой скважины.

Наши сотрудники корпорация по Очистке колодцев, отстойников и Очистке отстойников водозаборных скважин предлагаем свои услуги всем, как частным так и общественным объединениям.


Спецводсервис : <a href=https://svs-samara.ru/skvazhiny/uvelichenie-proizvoditelnosti-debita-vodozabornyh-skvazhin/>методы увеличения дебита скважин</a>
2018/12/10 21:02 URL | SVSaculky #0teD5hzw | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ