FC2ブログ

10/4 6泊1週間の旅終了して帰宅

2018.10.07
丸山鉱泉で旅最後の夜を過ごし、目覚めた帰宅当日天気思わしく無く、朝食食べた後も回復する気配無く、優れものゴアテックスの合羽着用し、宿出ると何とたったの下り1,3kmで国道299よ、となると昨日の走りはドンキホーテの風車攻撃と同じじゃん。

正丸TN直前で山伏峠越えのr53青梅秩父線に右折、道路幅ぐ〜んと狭くなるが車の通行殆ど無く快適、傾斜も秩父側は緩やかで初心者向、な事考えながら現場近くを走ってたら、昔宮崎勤の幼児殺人事件思い出した。

羽村店で自転車店を開業した、モノクロラボと兼業で始めた自転車店初期、宮崎少年が我が店で買い物して帰った後、父親にすごい剣幕で怒鳴り込まれ、売り付けたかのような言い方に、俺っちが切れ大騒動になったこと、手先が不自由なことからの過保護だな、が強烈な印象として残っている。その後両人とも店頭に顔見せることはなかった、後日あの大事件でびっくりしたが、新店舗だったので来店名簿備え、名前記載してもらってたら本人、備付のペンでなく自分の青字ペンで、行からはみ出す大きな名前を、書き込んだのがなぜか今でも印象に残ってる。

山伏峠は頂上から青梅側は狭路になり、カーブが連続して傾斜も急勾配なので中級者以上向きだな、てな事考えながら走ってたら、今度は名栗の別宅見る事なく素通りしてしまった。小沢峠で道端の栗数粒拾ってポケに入れ、秩父道中で拾い集めた数十粒と合わせ、帰宅したら茹で栗にして食べる秋のソロラン、食料不足だった遠い昔の少年時代が、つい先日のように思い出される、栗拾いに興じた仲間も皆亡くなってしまった。俺っち独り意気軒高大したものよと自画自賛。

吹上TN直前の食事処浦島前、瞬時迷ったが雨に濡れてるので、昼食無し帰宅と決め直進する、河辺からr29奥多摩街道走り拝島橋、歩道走行でr169を右折、滝山道の駅で左折ひよどり山TN抜け市内、赤線地帯華やかだった色街裏側、浅川堤防上走って自宅到着。帰宅したら神さん可哀想に大風邪ひいてダウン寸前、鎌倉命の鎌倉通いを他人に迷惑及ぼしてはと欠席、気の毒に断腸の思いだろうが、体調管理は自己責任誰の所為でも無い。

次なる予定はこの、14日に出発成田ビューホテルHから始まり、犬吠埼、霞ヶ浦、矢指ケ浦、白子、横須賀の千葉、茨城、神奈川各県を走る、6泊1週間のツアーを予定している。全て完了すると本年度120泊の達成となり、体調に不安もなく順調に走れる事を常々感謝してる。

本日走行距離 59.61km 走行時間 3時間18分44秒 AV 18.okm
1週間の走行距離 合計415km 本年度114泊完了







関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ