FC2ブログ

10/3 丸山鉱泉へ難儀する

2018.10.07
朝6時スッキリ目覚め神流湖面眺め本日は好天雨の心配皆無、明日は台風25号発生で下り坂になるらしい、本日向かう先宿は秩父市隣の横瀬村にある丸山鉱泉、鬼石からr13でR44皆野経由し最短31km、その昔5月の3連休クラブランで、毎日往復した事もある熟知のコース、で昨日苦労した土坂峠を再度逆走して小鹿野に戻る事に、俺っちって本当に苦労人だと自分で感心。

宿出てR462十石峠街道で埼玉県境越え、群馬県下を9km走ると昨日大変な思いをした土坂峠、再び土坂峠TN抜け埼玉県小鹿野町、5kmの土坂越え逆走は、昨日より傾斜がゆるく樂だった。黒海土BPからR299車の多さからエスケープ、秩父市内を見下ろすミューズパーク、文化の森中素晴らしい眺めを堪能しのんびり走り、北口からr208真直ぐ下って上ると再びR299、道の駅ちちぶで昼飯と思うも、食べる好みが合致せず敬遠ピロシキ¥160.だけ食べたが、昔のむかし新宿二幸店内で太っちょロシア小母さんから、買って食べた味とは段違いこんな代物売るなよ。

時間は充分あるので大好きな鵜飼じゃない迂回、横瀬駅から西武秩父線をアンダーパス、三菱マテリアル工場前を走り抜け、いつも遠目にしてた武甲山石灰採掘現場、至近距離で目視確認後再度R299に戻り、丸山林道や〜いと探すも見当付からず、あちこち分岐路進入も皆目不明、宿詳細に住所が横瀬町横瀬とあり、国道どこまで走っても横瀬で特定できず、やがて地名芦ヶ久保となり行き過ぎ判明も、戻ったところで林道入り口すぐ分かるはずでもなかろうと、道の駅芦ヶ久保前を分岐進入すれば、丸山林道に行き当るのは脳裏に刻まれてたので、道の駅前左折進入したらいきなり急勾配、どこまでも続く急勾配を必死にペダル踏んだが、こんな急勾配走った経験無いぜえ。

イラスト地図で眺めあしがくぼ果樹公園村、末端にある木の子茶屋先のトイレ休憩で、停車してた大型車の運転手に、道聞こうと近ずくも発進され目的達成ならず。仕方なくさらに登り続けると、待望丸山林道の標識あるも右方へ上るのか、左方下り方向へ進むのか分からず、右方県民の森へ向かうハイカー目に留まり、急ぎ追走丸山鉱泉への道程聞けば、この道戻ってすぐ先分岐を右折、ず〜と下った先にありますと親切に教えられた。走る道が上りから下りに転じたので、遠くても苦になる事なく、慎重に下った事もあるがそれにしても遠かったなあ。

温泉では無く秩父の山で採れた薬草のみを使った薬草風呂の宿、俺っち名前の他1名の名札あり、本日の客総勢2名だった自転車宿前に停車、夜施錠どきに玄関内に保管しますは空手形、まそんな程度の宿でした。

本日走行距離 72.40km 本日走行時間 5時間00分50秒  AV 14.4km




関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ