FC2ブログ

9/16 上田駅前BH

2018.09.21
8時少し前に目覚め熟睡で9時半までオープンしてる、朝食会場に向かうと3連休中日で本日も混雑、小さな子供逹の声があちこちから聞こえ、15日長野で何かのイベントがあったわけではなく、単に3連休中日で家族旅行が沢山加わり、各ホテル満室となった感じ、フルーツ中心で小さなパン2切れだけ食べ早々と退席。

隣町上田市まで僅か40kmに満たず、走行距離距離短いので付近散策目的で走行、長野大橋で千曲川を渡る日本海まで222kmの表示、次いで市立博物館あり眺めるも興味湧かずパス、手打ちそば処横綱で昼食と思うも、ちょうど昼時満席で断念隣店で干しあんず¥600.買い食べながら小休止。

R18北国街道に戻って走行し次見かけたそば屋にイン、信濃屋看板一茶の里のそば粉しか使いません、見てここがよかろうとイン、客人3組のみ余裕で入れ十割蕎麦エビ天ざる¥1771.食すも納得できる味では無かった。その後R18走り続けるも見どころ無しで上田市内、うなぎ看板に一度通り過ぎた道路戻るも、食べさせるうなぎ屋ではなく、うなぎ卸問屋のようだった。

R18を下った駅近くにある大きなホテル15時過ぎ到着、スーツケース転がした駅からの客、乗用車の客が次々到着するので、自転車収納してホテルにインするとフロント前は長蛇の列、いっとき待ってからだなと判断、ロビーにあるPCで地図広げ時間つぶし。部屋に向かうとベッドは大きく、机が大きなTVを視聴し易い位置にあり、おしゃれな造作になってるのに感心。出会う予定だったコンピューター宏君から、連絡無くサイドの発信は迷惑かと考え、ひと眠りしてからインショップの食堂で独りで食事済ませた。

遅くになってからコンピューター来所、カバンの中に入れた携帯の着信に気づかなかっただけ、何かあったわけではなく良かった、夕食済ませた直後だったのでホテルロビーで、時間の経過も忘れ延々話し込み、旧交を温め合った次は彼の地元上山田♨️に泊まるわ。別れ際に気づいたホテルのカウンター壁面、全面が組子で信州風物を表現した豪華なもので、地元の
組子職人魂の技術に敬服。大川で組子あれこれを見たことあるがスケールが違うのに仰天した。

本日走行距離 41.45km 走行時間 2時間34分48秒 AV 16.0km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ