FC2ブログ

9/14 津南町しなの荘

2018.09.19
燕三条駅前店コンフォートH出発で旅前半を終了、後半の4泊残すだけになった。本日の移動先は同じ新潟県中魚沼郡津南町、昨夜疲労してたので早寝したから、目覚めも早く5時半起床6時開始の朝食会場、向かうと早くも結構な賑わいで、更に続々と人が集まるを見て、急ぎ朝食すませ部屋に戻ってから、輪行袋から自転車取り出し清掃、チェン掃除するも油よく回ってるを見て、注油は次回送りとし輪行袋に再収納した。

長野県ライトマップル入手希望も、長野県下のコンビニでないと在庫しておらず、明日長野県下森ノ宮街中までは無理で断念。本日の宿は津南町で三条駅前通る、R18を高崎方面へ向かい長岡で、R8は右折するが R17そのまま直行走行、小千谷で信濃川を渡りR17は再度信濃川を渡り返すので、信濃川を渡らないR117に分岐右折が本来のコースだった。と判明したのは、翌日map手にしてからで、走っていた当日はR17のまま再度信濃川を渡り、TN二つ抜け道の駅ちぢみの里おぢやインとなった。というのは道の駅標識見て小休止を希望し、43km走行10時半ドリンクは午後の紅茶¥130.

再走直ぐの木津信号でR351に右折信濃川を渡りR117、以降津南まで信濃川とJR飯山線沿いを走行で地図不要。左に向かったR17は昨日話に出た枝折峠へ分岐する小出に、浦佐、湯沢、猿ヶ京、沼田、前橋、大宮と何度も走ってるお馴染み街道、R117は飯山線と信濃川沿いで、信濃川は長野県では千曲川と呼称されて、誰しも島崎藤村を思い出すという寸法。

越後岩沢駅が左手に見えたので進入、しょぼい駅舎に入り眺めると上下1日10便の発着、朝方9時前後から13時前後までの間、全く便がなく昼間は乗客が居ない事を示してる。ちょうど昼時R117に戻り寿司店で限定5食のランチ¥1500.食す。12時40分走行70km十日町でも駅舎見学、駅前のイラスト地図眺め、信濃川渡った対岸のr49走って津南に出ることに。

立ち寄った津南駅内で観光ガイドから、宿の場所記載された地図頂き15時半到着、まだ客人誰も居らず源泉掛け流し♨️を独り占め、この宿24時間入浴可しかも洗濯機も借用でき有難かった。更に夕食の食べ物すべてが抜群の味、全ての皿が絶品で残り汁すすったほど、これまで滞在した数多くの宿のベスト、或いは俺っち好みにぴったしだったのか、他人の評価も必要だが再訪したい宿と感じた。

19時頃長野のドーミインHから、本日の宿泊問合せ電話あり、重複予約が判明したが幸運にも、1部屋空きがあり明日に振替可能と対応してくれたので、宿泊予約していた長野善光寺宿坊を半額¥11880.支払いで電話でキャンセル。


本日走行距離 99.64km 本日走行時間 5時間21分40秒 AV 18.5km








関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ