FC2ブログ

6/22 那珂川温泉へ

2018.06.27
ホテル出発9時までと義務ずけられてるので、通常より早めのチェックアウトで8時40分、昨日来た道の引き返しは芸の無い設定、と思ったら引き返しは僅かな区間だけで、R121ど〜んと引き返したのは俺っちミス。走行10km弱で道路上から眺めた、会津鉄道湯上駅手前で左手から合流のR118に、左折進入すべきをど忘れそのまま直進、R118から右折分岐するr37探してもある筈ない、と言うのはR121からr37が分岐してると勘違いが原因。

ミスに気付いたのは会津田島駅だが、道路直進行先が宇都宮なので戻る気にはならなかった。田島駅で駅舎見て考えてR121をそのまま進行、下郷町からR289で甲子TN抜ける白河も考えたが、R121逆走で宇都宮、日光方面へ向かう事にすると、おにぎりが3ツ縦並びR121,R352,R400と3重複国道の走行になり、40km走行した所でR352が右方向へ分岐、檜枝岐から樹海ラインを、新潟県小出へ向かう道路で何度か走ってる。本日は左折の日光、鬼怒川方面宇都宮86km表示方向へ向かい、道の駅たじま走行44km地点で昼食、ソースカツ丼¥1000.食べたが不味い、亡き友の店での味思い浮かべすぐ比較してしまう、長野県飯田市内でも各店がソースかつ丼売りにしてるが‥‥

食事終え自転車ラックに戻ると、78歳同窓会で郷里美里町帰りの旅人から話掛けられ、四方山話に花咲き30分ほど話し込んでしまったが、遠い地方での他人との触れ合いは乙なもの。山王峠をTNで抜け上三衣で分岐左進するとR400単独路、昨日からアウターギヤに変速できず、いよいよ電池残量極少になったようだ、あと1日だけ何とか保ってほしい。出発前電池交換作業するも、手指の疼痛完治しておらず断念し、何とかなるだろうと楽観の結果大難が小難ですみ助かっている。

苦しみながら上りきり尾瀬TN抜けると快適な下り路面になり、13時20分メーター63km塩原で小休止後、r55に左折分岐するまでR400下ったので黒磯に近い宿まで大戻り、分かり難い宿探しに手間取り、脚力消耗して100km越えでやっと16時前到着。

コインランドリー場所勘違いから、ホテルの付帯施設日帰り♨️に入り損ねたのが残念だが、ホテルも♨️掛け流しで源泉同じならまあ良いわ、食事だけ日帰り♨️食事処でおでん¥562.フライドポテト¥454.野菜炒め¥454.冷奴¥302.の計¥1772.ご飯は注文しなかったが各皿とも盛り多く、フライドポテトはとても無理で半分残すつもりが、粘りに粘り食べ続け完食したけど、食堂の椅子に1時間は座ってたろう、俺っちにしてはあり得ない二度とない体験だった。

この宿♨️で朝食付き1泊¥5616.は超廉価でおすすめ宿です、那珂川温泉 皆幸乃湯 ホテルアライ栃木県那須塩原市鍋掛

本日走行距離 103.39km 走行時間 5時間06分53秒 AV 20.2km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ