FC2ブログ

6/20 玉梨温泉へ

2018.06.26
旅6日目朝ついに本格雨降り、梅雨期なので良くこれ迄保ったなと言う感じ、今回旅でのハイライト最長距離走る日、山岳コースでハードな日が半端無い雨降り、雨上がる気配など皆無でコンビニも無い山中の温泉街、上着はウインドブレーカー持参で何の心配も無いが、下着ズボンはいつもコンビニ購入ここでは買えず。

宿出るとすぐ左折近道でR121へ向かい難無く合流、喜多方までの約40km一本道なので間違う恐れなし、喜多方は福島県なので分県地図買えば良しと楽観、 R121山岳地帯に良くぞこんな高規格の道路施設したものよ、と感動覚えながら走行大型車の通行も多く、俺っち遊びあちら仕事といつも考え、広い歩道が続く所では歩道走を多用して、職業ドライバーの運転に邪魔にならない配慮忘れず走ってると、運転手と心が通じる瞬間があり気持ちが高揚する。日本人だけがもっている心を大事にしたいもの‥

3940m大峠TN内で県境通過し福島県入り、大峠TN先3km内にある7つのTNは虹のトンネル、と言われTN入口銘板がそれぞれ、虹の7色に塗り分けられてるそうで芸が細い、最新土木技術を結集して作業してた、技術者達のささやかな遊び心?実はこの道路も新潟方面から米沢へ逆走で走ってるし、米沢から県道2号線細道を走り白布温泉、白布峠1410mの急坂をやっとこさ越えて、桧原湖畔を抜け五色沼から猪苗代湖方面へも向かって、俺っち遊び呆けているなよなあ。

道の駅で食べた昼食天ぷらそば¥1200.身体濡れてて寒いので温かいの頼んだら、エビ天2尾と野菜天衣が汁に溶け出し最悪で美味しくなかったなあ。喜多方突き抜けファミマで福島県地図¥1080.入手し会津坂下で右折、R49とR252の重複国道を西行、会津坂下IC信号で左折を行き過ぎ、11km走行後R400に左折の遠回り、以後R400を忠実にキープ会津川口で只見川から別れ、野尻川を遡上本日宿の玉梨♨️到着となったが、本来なら左折でR252を走ってれば10km以上短縮出来たはず。

遠まわり走行が旅最長距離を上乗せ、時間も大幅に長時間の走行となり、宿到着も遅くなり17時を回ってしまった、宿前で自転車収納しようとしてたら、折よく出て来た主人が自転車ここに置くと良いですよ、と格好な物置案内してくれ多ので輪行袋詰めの作業せず大助かり。

宿の眼下を流れる河川対岸に崖崩れ発生で、大きな赤字で280番まで記入された、砂袋が数段に並べられ災害防護の痛々しい光景眺め、かけ流し炭酸泉温泉をひとりで数回満喫して満足した。金山町の只見川沿いのR252は新潟県小出から、福島県西会津まで往復走行している。

本日走行距離 112.67km 走行時間 5時間49分46秒 AV19.3km

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ