FC2ブログ

6/1 安倍峠通行止め迂回輪行

2018.06.06
泊まってる静岡県境の梅ヶ島♨️から、安倍峠を走り抜け身延に向う計画だったが、山梨県側の林道全面交通止めで変更、静岡市内まで戻って清水、富士、富士宮、身延、市川大門から韮崎手前まで大回り、南アルプス夜叉神峠へ向って上る、大移動になってしまい、自転車で向うのはとても無理と判断、輪行活用して向う事に決めた。

静岡までの40km強は下り勾配問題ないと思うが、興津まで1号線走りR52へ分岐r42からr12で、芦安入口まで走れば上り勾配10kmで芦安♨️、昔の俺っちだったら絶対凹むこと無く、力走続け全く問題にしなかったろうが、年老いた今ではとても無理、これは途中輪行以外無いと即断した。

部屋食朝飯が意外にも美味しく食べられ完食、玄関内に留置きの自転車取出し9時過ぎ宿出発、脇道が全く無いr29梅ヶ島街道、ひたすら真直ぐ下るしか無く安倍川とは終始仲良し、それでも途中対岸へ右折するr29走らず、そのまま直行r27TN抜け口坂本♨️からの、井川湖御幸線に変わったがここも走ってる路面、露天商に自然薯藁詰の騙し販売にあって、苦い体験させられた場所過ぎる、騙された俺っちが悪いのだが、誠意ない商売は長くは続かない、悪者も反省成長してれば良いが…

静岡到着間近になり走った事の無い道目に入り、浮気心生じまして左折進入したr74、静岡市内をパスしてr67に乗換清水港へ直行、念願かなって清水駅到着11時50分で53km走行だった。輪行仕様手早く済ませ乗車券購入、市川大門まで¥ 特急券はと言われ、特急まで2時間も待つのは御免で要らないって、買わなかったが聞かれた意味は身延線富士宮駅で分かった。

甲府行き特急は2時間間隔の発車、11時49分が発車したばかりで駅へ到着、2時間待ちは結構と普通車でと安易に考えたが、身延線発着する富士駅まで12時04分発、熱海行きに23分間乗車し富士駅到着、ホームの時刻表眺めると次甲府行きは特急ふじかわで14時11分発、清水駅出札係員に特急券は?と聞かれた意味が分かった。普通車の方が後発ですよの一言が欲しかった。

やっと乗車した特急の速度?これで特急とはとても思えない速度で、眼下を走る自動車に追抜かれ、車の姿どんどん遠くなりやがて消失、呆れた特急に89分間乗車して東花輪で降車。速度70km以下の走行で特急と呼ぶなセコ東海、帰宅後地図眺めたら簡単明瞭も、現地では右往左往の走行続け、六科でr20に左折芦安入口に到着したが17時40分、夕暮れも近くLEDライト電池切れ点灯せず、ここから上り勾配続気と考え、宿まで明るいうち到着は無理と考え、事情説明し宿キャンセルを伝えようと、停車した直ぐ前方にタクシー会社看板、これは有難いと駆け込み行先告げ、芦安戸倉の宿まで輪行¥3520.

本日走行距離 77.08km 走行時間 4時間43分42秒 AV16.2km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ