FC2ブログ

5/31 再度の梅ヶ島温泉へ

2018.06.05
笹間渡♨️ホテルの朝方雨降りで、ウインドブレーカー着用9時半出発10km走行した、石上分岐でやや迷うも木の葉がくれにヘキサ見て納得、r63上り詰めるとr32に接合右手藤枝方面、左手静岡方面を左折清笹峠621m越え、黒俣久能尾でR362が千頭から下り路面で左から合流、ここは右手静岡市街18km方面へハンドル切り、暫時走行後里の駅きよさわで昼食カレーライスと焼き餅2ヶ¥1000.

昼居渡で左折r60(南アルプス公園線)を本来は走るのだが、雨の中ウインドブレーカー着用し30km先、笠張峠1057mまで走り反転下るコースは避け、R362を13km素直に走りr29(梅ヶ島温泉昭和線)に左折安倍川沿い溯上、雨足次第に強くなるもモンベルのウインドブレーカー素晴らしく、レインコートと変わらぬ防水で、見事な発汗処理には感服感動を覚えた。

ずっと以前このr60笠張峠先の富士見峠1184m大日峠と上り詰め、口坂本♨️を下ってr27(安倍街道)下って梅が島へ向った事もあり、地図帳塗りつぶすとかなりあちこち、走り回っていて我ながら感心するよ。

安倍川沿い上り勾配ロングコース走行してると、大きな注意看板有り停車して眺めると、なんと安倍峠から先静岡県側は通行可能だが、山梨県側林道は全面交通止め案内、安倍峠を越え山梨県身延へ抜ける、今回の計画が実行不能となっては、来た道延々戻る事になり、予定大変更する事になってしまった。そう云えばかなり以前も梅ヶ島温泉から、同じく道路通行止めと聞き戻った事があるわ。

3km手前の黄金の湯でトイレ休憩、雨降り続き濡れたウインドブレーカー脱ぎ、雨滴を振り払い再度着用も不快感皆無、ジャージも濡れておらず最高、高価だが間違い無く価値ある逸品と言える。峠まで行ってみようと宿先過ぎのコーナー曲がると、後輪が大きくスリップ雨降り続き、時間も遅く夕暮れ迫っていたので断念引返した。

濡らした衣服洗濯したいので洗濯機借用申し入れたら、女将が洗ってあげますと親切に引受けてくれ感謝、シューズは古新聞貰って、頻繁に取替々で脱水処理で乾かした、他客が居らず♨️も貸切り状態で楽しめ、素晴らしい掛け流し♨️を何度も堪能できた。おいしい食事2食付きでポッキリ¥10000.は格安感あった。

本日走行距離 90.20km 走行時間 5時間30分41秒 AV16.3km

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ