4/11 伊豆の旅から我家へ帰る

2018.04.13
早朝6時良く眠れすっきりの目覚め、窓から外眺めると富士山麓方面、濃い灰色の空模様で降雨中の様相、天気予報ズバリだなと納得。これは早逃げが正解と考え、6時30分〜9時までの食堂に向うと、何と早くも広い食堂多数の客人で混合ってるを見て驚く、オープン直後の食堂体験など初めてだが、スタッフに聞くとBHなので皆さん仕事の方が多く、いつもこんな感じですねだって、朝一で食堂に駆けつけたので俺っちボケ状態、カードキー持ち出し忘れに気づき、食後のヘルプを頼んだ際聞き知ったこと。

本日旅最終日なので、部屋の中で輪行袋から自転車取出し、丹念に自転車清掃終え再度袋に収納、8時にチェックアウト朝早くて寒いので、長袖ウインドブレーカー着用、宿前国道138に出て直ぐ先、市役所北信号でr78御殿場大井線を左折、下り勾配続くのでスピード抑えた快走で、足柄駅前まではアッと言う間だったが、踏切渡ると足柄峠736mへの上り勾配に転じ、脚廻らず直ぐひと桁速度になってしまい、あれよ雨滴が落ち始めたとおもったら、小降りから本降りになってしまうのも早く、やたら遅いのは俺っち走りだけよ。

足柄峠越えると神奈川県下になり、むしろ大変だったのは上りより下りで、急コーナーも連続で路面も細いわ、雨は更に激しく降り出すわで、勝手知ってる開成町までが長かった。下り坂途中で対向走るライダーとすれ違ったけれど、奴さん足柄峠越えするんだろうな、他人事だけど止めた方が賢明と思った。平地になった開成町まで下ると、雨足急に穏やかになり酒匂川渡橋して、R255左折松田駅近くになると、空は明るくなり青空覗き雨も降り止む、行き先方面北の空が全面暗雲、松田駅から輪行と決めた。

ウインドブレーカー脱ぎ叩くと水滴飛び散るも、着てたジャージ濡れておらず、高価だがGORE-TEXの防水性には脱帽した。雨合羽着用せず濡れ放題だったタイツはびしょ濡れ、着替えないと寒さに耐えられないので、自転車小田急松田駅前に留置き、向いのJR松田駅の無人改札スルーして、身障者用トイレにバック持参で立てこもり、ちゃかり着替え万端完了は、我ながら見事な腕前、忍者の本領発揮と自画自賛。身障者トイレ扉に、どなたでもご自由にお使い下さい、と表示あるので、使用は寛容されるはず。

着替え完了してから自転車を輪行袋に収納、11時半発の小田急線急行新宿行に乗車、本厚木で下車普通車に乗換厚木、厚木からはJR相模線橋本行、橋本から横浜線八王子行と乗継ぎ12時20分、八王子駅到着自転車組立て自走帰宅12時40分。
帰宅後の第一声はアー腹減ったの一言だった。

本日走行距離 31.47km 走行時間 1時間55分36秒 AV16.5km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ