FC2ブログ

4/5 下田プチホテルへ

2018.04.12
8時朝食たべ8時半支度終え、本日の移動先が下田市なので距離近く、遠回りすべく検討してたr115の大鍋越え、地図では心もとない表示なので、路線状態フロントに尋ねると、親切に県事務所まで問合せしてくれ、交通止めを確認してくれた。では断念とおもったけれど、8時半に出発では時間あり過ぎるので、取りあえず行ける所まで行って戻ろうと、R414を右折r115に進入してみると、細路になった上り道分岐路あり、左右両方向走れど共に通行止めでUターン、帰路は下り勾配であっという間、R414の進入路に戻れがこの辺一帯が道路工事中、数年後は大きく変わってると思うが、再来できるかは問題だな。

続いて国道から左分岐してる、r14を河津駅まで河津桜眺めながら走り、河津から下田までの海岸通りのR135走行嫌って、r14を再度逆走R414分岐まで戻り15km走り下田市。宿は下田からのR136に代わりすぐなので、多々戸浜から吉佐美大浜と走り巡り時間つぶし、本日もまた落果みかん拾って、何処ぞで食べようと走ってると、更に小粒が1ヶ落ちてたのでこれも拾い、2ヶ手持ちで走行するは大変とバックに収納、落着いて食べられる場所探し走行のんびり食したが、大粒は酸っぱくて口に合わずノンノンも、小粒の方は美味しく頂けたありがとう。あちこちに無人販売所はあるけど、バラ売りは無く皆数個の袋入りで、買ってもサドルバッグに詰め込めず、みかん大好き人間にはとても残念だった。

碁石浜浜辺にイタリアンショップあり、ピッザ注文で時間稼ぎの昼食は美味かったな、食後海浜を走り続けると行き止り、戻って田牛から山道坂上ると日野信号でR136右折下田方面へ向う、一周回した感じで下田へ向いながら宿探し。往路見落としてたプチホテル、御免看板までプチなので目に入らなかったな。

建物そこそこ立派でプチは謙遜、オーナーが階下の自転車置き場に案内してくれ、自転車好きのようで興味ありげに眺めてた。最近スマホに支配されたような、会話の無い若者達を嘆いていたのには同感。

夕食遅いなあと腹減ったので時間見ると18時半、そこでふと気づいたのはあれ夕飯無しの予約かも?で持参した予約確認書眺めたら、やはり朝食のみ宿泊¥5900.だった。これでは夕飯のお呼びがあるはずが無い、窓外遠くに見える建物が食事処の感じ、手元の現金調べると千円札1枚に硬貨だけ、単品なら食べられそうで徒歩で向って、注文したのが野菜ラーメン¥740.と餃子¥430.合わせて¥1170.支払ったら、手元に残った硬貨¥300.だけ、明日〒局から現金入手すれば良しで一件落着。

本日走行距離 59.31km 走行時間 3時間45分18秒 AV 15.8km


関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ