2/7 九州ツアーから帰宅

2018.02.10
今回宿泊した宿は部屋数7ルームだけの小さなBH、いつも宿泊していた鹿児島空港H前R504真逆方向にあり、空港までも近く食品等調達も容易、何よりも素敵なのはオーナーと直接顔合わせでき、あれこれ会話がはずむことで、更にオーナーがずっと以前、西東京の田無市に16年間も在住してたといい、親近感持てる話好きの好人物で、広い食堂内いっぱいに所狭しに貼付けられた新聞記事の切り抜きら、写真ポスターの類いがまた楽しい。ここすっかり気に入ったので次回から、鹿児島空港発着便利用時の定宿に決定。輪行袋に収納した自転車見ると、預かりましょうねと事務所で預かってくれるし、格安料金なのに空港まで送迎の親切さにも感動した。『ビジネスホテル伊佐』CP高く超お勧めです。

特典予約9時45発ANA便搭乗で輪行袋預け、保安手持ち品検査し待合室に向かうと、ボトル中身確認したいですと後方から、係員が追って来て呼び止める、いつも通りの中身これまで問題無しがなぜ?戻り卓上で中身出すと、スプーン、フォーク、栓抜き、缶切り、ナイフ、錐のついた携帯キャンピング用品、これのナイフ部分が持ち込み禁止のよう。これまで何十回も持込んでるのに何で?と一瞬不思議に思ったが理由は直ぐわかった。いつもボトルは自転車に携帯してたのが、今回に限り宿で携帯充電器を使用するため、事務所で預かってくれた輪行袋からボトルだけ取出し、ボトルに保管した充電器を使用、出掛けに輪行袋内に戻すべきを忘れ、手荷物で持込んでしまったからで、理由話してスタッフの見事な慧眼を賞賛してあげた、東京オリンピックもこれなら安心だろうな。

羽田空港では乗客も少なく、機内からバス移動で空港ビルに向かったので、時間が掛かったようで荷物が先着、輪行袋はスタッフに守られてるわ、キャンピング携帯用具は大きな箱に封入、停止したターンテーブル上に鎮座していた、以上とんだ人騒がせな今回の結末でした。

何時ものように天空橋駅までは輪行、多摩川CRからスタート調布橋からもCRを再走、前日メールで約束したマッサージ時間に合わなくなりそうで、途中で30分遅着を告げ帰宅後慌ただしく着替え、ミニベロに乗換タイ姫アパートに直行、7日間の疲労癒してもらい少し楽になった.寒さで首筋肩口の上半身がこりこりだったが、優しいタイ姫しんのオイルマッサージ2時間は夢見る桃源郷だった。

本日走行距離 49.45km 走行時間 2時間27分06秒 AV20.1km 8日間走行距離合計 549km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ