FC2ブログ

2/6 鹿児島空港BH

2018.02.10
さつま地方上空1500m気温−9℃、前夜テレビが伝えていたが大雪警報、朝風呂に向かうと外は銀世界。露天風呂楽しみながら、輪行以外方法無いなと観念し、バス停まで送迎頼み空港までリムジンバス輪行と決める。宿泊客は3人組東京のレンタカー移動女性達と俺っちの2組の計4名だけ。食事中賑やかに楽しむ中年女性達の、楽しげな姿目にしたが、同じ東京からと分かったのは、一行が枕崎まで移動すると車に乗り合せ出発した朝方。

1時間に1本のリムジンバス9時20分発に合わせ、9時宿を出発バス停宮之城まで送られ、ドライバーにチップ差出すも受取らず、再度強要するも何としても受取らないので、別な方法考えようと好意を甘受することに。バス停隅にSLが展示されており、この辺も往年鉄道路線が施設されてた事が想像させられ、あれこれ調べたら1987年1月まで川内駅(薩摩川内市)から薩摩大口駅(伊佐市)まで、国鉄宮之城線が66.1kmを20駅で運行されていた事が分かった。

空港行きシャトルバス南国交通のシャトルバス到着するも、ハイデッカー車ではないので、輪行袋床下に収納すること出来ず、車内通路にそのまま留置き乗車、乗客の乗降あると一度車外に出るか、車内奥に詰めるかるの必要あったが、途中5駅の停留所乗降り無く通過、11時05分鹿児島空港に到着、料金¥1110.支払い無事降車。約36kmの乗車時間バスから眺めた窓外、空港近辺は雪無く自転車走行楽に出来る状況に、一度は本日中に帰京を考えたが、当初予定通りの明日帰宅に決め、宿泊BHのチェックイン時間16時半まで、周辺を走行して時間消費する事にし輪行袋の自転車組立て出発。

まずは出発してすぐ昼食でラーメン屋に入る、俺っちラーメン屋に入るのって滅多無いが、腹減ったからで誰しも同じかほぼ満員大繁盛中、味もうまかったので繁忙店のよう。食後空港周辺を大回りしての時間つぶしで過ごそうと、まずr40から走り始め、r55で加治木の表示見て左折上って,下って街中に出るとR10に左折合流、暫く走り渋滞路避けr471へ左折、隼人駅前からR223直行、初日この先嘉例川から下って左折、霧島新燃岳方面へ上った道路の始点から、嘉例川に向かい走行嘉例川で左折するつもりなので、これで鹿児島県内1週間で一回りしたことになる。

今回の旅7泊中の5泊が♨️だったので、気楽の旅になると考えてたら、三十数年ぶりの寒い連日が続き、雨風雪の自然現象に痛みつけられたけど、地震、雷には合わなかったので良しとした。毎年150泊まって全国走り回ってたら、あれこれ遭遇体験しても不思議ではないわな。今年は今のところ動き緩慢で本日泊まりでまだ10泊。

本日走行距離 51.05km

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ