FC2ブログ

1/30 明日から空旅で南方へ

2018.01.30
今年の4月末まで36泊の宿泊を予定、すべての宿は予約完了済み、最近は予約完了と同時に支払いも完了するので、口座引き落としは後日になるものの、俺っち予約が早いので宿代前払いが多い、利息で預金が増えた時代と違って、利息無いも同然の低金利時代なので、前払いでも何の問題もないが、困るのは旅先宿の変更で返金の発生、毎回は不問だがたまに照合すると結構手間かかる。

3泊4日の旅だけ終了してるが、7泊8日の旅が3回、5泊6日が1回と4泊5日と2泊3日が各1回あり、別に自転車乗らずの神と1泊2日の旅あり、都合7回33泊の旅が残ってているが、航空機往復のツアーは今回だけで、すべて輪行は鉄道かフェリーとバスだけで、旅先も神奈川、千葉、埼玉、山梨、静岡各県で、東京に隣接する近県だけに限定し、近場でも走ってない道路があり、その辺を極めて見ようと考えた次第。

で明日から向かう旅はまだ寒い2月なので、暖かい鹿児島の旅を計画したのだが、東京近辺に残雪多いのでまさに正解だった。部屋中に散乱してる分県地図から、必要部分切り取り張り合わせ今回走行コース、1日走行分ごと分冊編集して持参する作業を楽しむ、周辺状況を走行途中で詳細に確認できれば、旅は更に楽しくなるはずと思いまずはやってみる事にした。

自転車の整備は完了してるので持参する小物類、携帯充電器、タイヤレバー、爪切り、ボールペン、LEDライト、老眼鏡、ポリデント、ルーペ、十徳ナイフ、セロテープ、目薬と前回旅で残った洗剤等、工具ボトルに詰込むと結構な重さになりボトルも満タン。いつも当日になり適当に準備してたが、今回は俺っちにしては珍しく前日に万全の準備、旅するにはこれが普通なのにいつも杜撰。

次は着替え類をサドルバックに詰込む、鹿児島地方の週間天気詳細に調べ、荷物になる雨合羽は持参せず、サドルバック装着後はリュック背負わず走れ、肩加重から解放され上半身が凄く楽になった。短足小身の大和民族末裔なので、自転車のサドルも低く後輪と間隔極狭で、これまでサドルバック装着は諦めていたが、優れもののバック見つけ試みに取付る、当初無理かと思ったが何とか装着でき、使用したORTLIEB高価だけどさすが逸品、もっと早く知ってれば楽出来たのに…

準備完了明日は自走いつもの道で、京急天空橋駅に向かい羽田13時15分発ANA便で鹿児島に向かう、15時15分到着霧島♨️郷まで25kmほど走行した、いやしの里松苑が旅初日の宿。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ