10/1 県内ジグザクに走って白河へ

2017.10.07
フロントが預かってくれた輪行袋受取り、準備完了のんびり過ごしたので出発は10時、本日のコースはr14を47kmとr11を22km走る単純なもので、実際に走ってみても白河まですんなりだったが、ラスト白河市内で4号線にあるホテル探しに手間取るとは思わなかった。

まずは出発昨日の散策で下見してた湯本駅前左回りでr14に入らず、右回りして広い路面のr14に進入すると、路上の道路標識に行き先古殿町、石川町の標記ある御斎所街道、この道路律儀で1km間隔で道路終端石川町まで、距離表示したペンタ掲出こんな道路は珍しい、流石TNが幾つか続くと1km表示が難しくなったか、やがて2km間隔となりその後通常道路並になったけど印象に残った。

横川からR349との重複路となり約5km、古殿町の道の駅ふるどので小休止はちょうど昼時、じゅうねん餅なる地産品¥320.食べ自販機でホット紅茶¥130.ドリンク、休憩後出発すると11kmで石川町でr14は終端、r11に代わるいわき石川駅に立寄り駅舎内見学、白河まで鉄道で向かうには水郡線で、郡山まで6駅乗車し到着したら、東北本線に乗換て同じく6駅乗車すると、地理的に戻る感じで白河に到着する、郡山を尖り帽子の頂点とすると、石川から白河までのr11(21km)走行が底辺になり、尖り帽子が描けるなとマップ眺めふと思った。

r11白河に向かいながら走ると道路交差点で、左方棚倉右方泉崎の表示眺め、今は棚倉で自転車ロード大会が開催されておるが、昔泉崎でホビーレースを開催した事があるな、と懐かしく思い出し大会開催の許可申請で訪問した、泉崎村役場でスリッパに穿き替え歩いた、板張り廊下にカントがあるボロ庁舎なのに、周辺にある村の各施設がすべて新築立派で、村役場修復は最後で良い村長の考え、工業団地誘致で建設され、国際大学も誘致の話もあり、大発展するはずが絵に描いた餅となり自治体破綻が末路、何処でどう踏み違えたのかねえ、数年前昔のままの庁舎眺めたけどまた立寄って見たい。

順調に走ったのに白河街中に入ってから、マップでは簡単に抜けられるはずのR4へ、道路標識頼りに走ったら街角曲がり続け、無駄足使った感じでR4沿いの宿プレミアイン白河前に15時到着、自転車輪行袋に収納15時10分チェックイン。コインランドリーで洗濯中入浴すませ、窓からイオンの建物見え徒歩で買物、焼き芋、早だし小粒みかん、皮ごと食べられるブドウの3点購入¥848.だった、夕飯はホテル1Fの店であれこれ食べ¥2000.で満腹

本日走行距離 81.53km 走行時間 3時間52分01秒 AV21.1km
このホテル部屋は広く明るくベッドも大きく快適、更に40%OFF日曜日限定宿泊プランで素泊まり宿泊料¥4000.と格安だった。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ