7/21 トンネル内で

2017.07.24
このところ連日自転車留置き預けで朝の出発が楽々で本日も同じく9時発。平湯までのR158上り勾配35km、連日の山越えで脚力消耗したか速度上がらず、安房峠への上り8%標識あるゲート前で正午になってしまった。それでも出発時間早かったので想定時間内で気楽に走れた。

ゲート前から暫く樹木に覆われた路面続いて、楽走できたがすぐに日当り路面走行に戻りがっくり、天国への階段は知らんが、地球上の坂はすべて終わりが必ずあるので、どれほど長い坂道でもいずれ下り道になるはず、と念じ走ってると頂上1790mで長野県と松本市の二つの看板目にすると、狭い道は急な下り坂に転じ、ブレーキング減速で手指が痛くなる。ヘアーピンカーブの連続する旧道は、新道TN開通前は峠越えに8時間も費やした時もあり、トンネル開通で5分で通過はあまりの隔世の感。幼児の頃お月さまに兎が住むと聞かされ、今や月往復は宇宙技術の初歩でなんでも無い事柄、日進月歩の速度がとんでもない。

長足の進歩を遂げてる分野がありながら、自然現象には無抵抗かのように各地で災害発生、九州福岡地域で大雨洪水被害が伝えられてたら、今度は秋田地方でも同じ被害発生、山中走ってると河川の水量の多さに、この水どこから流れ出てるのだろうか?と頭をひねる事しばしばあり、豊富な水流れる国土は素晴らしいと感動してるけど、雨降り続くと洪水の被害発生で悲しい現実見せつけられ、言葉を失う事の繰返し何とかならないものかね。

話題横道にそれたがマイカー規制の上高地への信号右折、相次ぐTN走行中前輪穴ぼこに落込みスローパンク、灯り乏しいTN内で修復作業が困難で、自転車牽引出口まで歩き修復作業続行試みるも、最終的にポンプが壊れエアー充填出来ず、対向走る空車タクシー止め、新島々駅まで輪行¥8100.の予定外の失費もカード払いで解決。

電車に乗換える待ち時間昼食食べに立寄った駅隣のギャラリー併設のカフェ、プレイエル店内にピアノ2台設置され、展示された絵画見て趣味性強いお店だなと思い、女史店主とあれこれ喋るや図星、元気爺俺っちから元気パワー頂いたと喜ばれた、母親の介護とお仕事の両立は大変かと思うが、頑張れば必ず道は開かれる力強く進むがベスト。エールおくり美味しい紅茶パック、神と2人分プレゼントされた好意は忘れないよ。

改札で駅員に自転車用ポンプ置いてると聞くと、置いてませんと答えたので、自転車に優しい路線ならぜひポンプも設置して、と伝え14;04発電車で30分乗車松本到着。うっかり東口(表側)に降車してしまい、駅脇道路を転がし歩いてホテルACTY、このHもコインランドリー設置無く手洗い、今回の旅5泊中3泊が洗濯爺さんよ、1泊は街中店舗だったが選択は自分でしたので自己責任。
走行距離51.51km 走行時間4時間03分24秒 AV13.9km かくして82歳時5泊が終了した。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ