6/29 道路全面交通止め

2017.07.05
念願の白神山系通り抜け計画は来年、今年はアプローチ走行体験と思って、秋田県二ツ井から青森県西目屋村へ、まずはr317西目屋二ツ井線走破の小手調べ、が今回の旅目的の一つだった。9:40宿から出るとすぐR7に並走する、TN迂回の道幅広い舗装道路の通行止め標識目にするも、自転車なら通れるかもと向かうと正解、歩行者と自転車は通行出来た。

琴音橋渡りR7下を抜け西目屋に向うr317へ右折すると、これより27km先前面交通止め10:00大看板、あれれと思ったが弘前回りの迂回では距離あり過ぎ、心の準備もできておらず、歩行者自転車なら通れるかもで警告無視を決め込む。21km先通行止めの看板10:40あり、更に16km先前面通行止め看板が続き、事の重大さ感じながらも戻れないとGOGO作戦。

更に交通止め看板は次々あり、路面狭小勾配もキツくなり西目屋村まで29km地点、完全道路封鎖のゲート現われ停車した車から、係員現れ工事中を告げられたが、自転車なら或は通行出来るかと、思って来たと言ってみると、携帯圏外で現場まで対応聞きに戻り、にこちら側通行しても青森側も通行止め、管理が別会社なので戻るよう言われ、残り30kmも無く殆ど到着も同然の下り坂目前に戻る事になろうとはトホホ。

R7まで合流する27km区間車で送りましょうかの、心優しい若者の好意だけ貰って12:40Uターン、下り勾配自走しながら迂回対策あれこれ考え、R7弘前方面に走りながら、目にした駅に立寄り時刻表眺めると、17分待てば奥羽線弘前行き到着、弘前まで13駅1時間13分の輪行に決定、当初弘前駅前からBT迄輪行袋転がし歩き、居森平行き探すと1時間の待ち時間あり、目的地が65分乗車して到着する場所、なら自走でも勝負になるだろうと自転車組立自走開始。

ところが走り出すも目的の道路r28が皆目分からず、探しあぐね交番見つけピットイン、懇切丁寧な説明に加え周辺地図渡され、東北人の優しさに感動させられた、以後迷う事無く快適路面高速走行、路上の電光掲示板にr317尾太から先交通止め、r28天狗峠から先交通止め案内が交互に点灯してた。世界遺産と水源の里西目屋村18:00役場前、更に上リ勾配数キロ走った右手にグリーンパークもりのいずみ宿泊施設に18:20到着、弘前駅から回転上げ走行しバスに先着満足。この宿部屋に風情無くスキー部屋様だが、♨️なので疲労癒すには有難くランドリーもあり洗濯でき助かった。

走行距離 86.69km 走行時間 4時間33分13秒 AV19km





関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ