6/10 横手駅前Hへ

2017.06.20
本日からの東北からのサイクルツアーは朝早出で、現地を走るスタイルなので苦手の早起き、早朝2便リムジン乗車の羽田空港到着。早朝リムジン利用で駅前バス停まで自走もライト不要、寒くなくサイクリングの季節到来を実感、楽しい旅が出来ると浮き浮き。

早起きで睡眠時間短く眠り爺さん完全な睡眠不足状態、バス内でちょい仮眠したらもう空港到着、待ち時間も余り無く空弁あじ寿司食べ、定刻フライト現地到着も同じく、全く違ってたのは快晴だった東京と違い、秋田空港雨降って気温18℃と低かった事。

空港外でゆっくり自転車組立ててると、外人さんと女性含めた5〜6名のサイクリストも同じく作業中、前後輪外しの輪行は手間掛かり大変、余り慣れてない様子で何処へ向うのやら、この雨では気の毒よなと同情するも、楽しい体験ばかりが遊びではなく、苦しい時も耐える事で遊びの楽しさが倍増する、『為せば成る何事も』って言われてる、まあ頑張っていつまでも続ける事が肝要。

机上で考え設定した4案コースは、雨天で国道13号の最短コースを選択、小降りだった雨降りも出発時の10時には雷雨、下り勾配10kmほどの広域農道走行、稲妻光るは雷鳴轟くはで少年期の空襲が脳裏に浮かび、ペダル回転するシューズ内があっという間に水浸し、靴のまま川の中を歩いてる感覚だよ。

国道13に出るや車の通行量多く足元に車両の水しぶき受け不快、広い歩道走行にエスケープ走行続けると、路面に小石散乱が酷く超走りにくので往生、車道に出たり歩道に戻ったりの繰返し、車道も側端に小石散乱ひどく、この道路もしかして清掃されてないのでは?と疑いたくなる酷さ。

それでも小降になり先方遠く青空見え、やがて雨降り止みmap広げ地形読み、六郷町r11が分岐する交点で昼食、野菜たっぷりあんかけ定食、女将が親切で濡れた老爺見るや即、奥のストーブ点火してこちらの席にどうぞ、それほど寒さ感じてたわけでは無かったが、ストーブ前でずぶ濡れ手袋乾かし暖をとり、野菜たっぷりチャンポン定食¥980.温かい心こもり美味しかった12:48イン3:37アウト充分休めた。

13:59道の駅せんなんトイレ立寄り、R13横手まで12km直行標識目に、r267右折したのは後三年駅見物14:30、歴史うんちく学び単車両の到着発車撮り、昨年走ったr29に出て横手駅前プラザH到着15:46ホテルに到着洗濯中駅周辺をカメラ散歩、夕食はインショップの和食処で握り寿司とあんみつバニラで¥2484.美味かったな。

新聞紙で濡れた靴の脱水と輪行袋から自転車取出し、泥水汚染した車体清掃チェン注油を念入りに行った。
本日走行距離77.23km 3時間46分 AVH20.2km 雨止んだ終盤迂回走行してそれなりに楽しめた。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ