5/19 柳津温泉へ

2017.05.30
早朝4時半窓外を眺めると遠方は霧に霞み見えず、1時間後かなり回復するもまだ判然とせず、テレビ眺めてたが眠くなり再眠、8時半には遠方の積雪山稜が青空にくっきりと、浮かび本日天気最高サイクリング日和。

9時過ぎ玄関座敷から前輪外した自転車に前輪取付け復元は即。9:20宿を只見駅に向かい出発駅前でR252を右折、向かう先は柳津♨️『かわち』で行程約60kmで、只見駅から会津川口駅までの途中6駅は、今尚災害復興せず不通バスの代行運転区間、本日は沿線沿いを走行するので会津蒲生9:57、会津塩沢10:19、会津大塩10;46、会津横田11:02、会津越川、本名11:47の6駅すべてに立寄り、ベニア板で完封された駅舎、草に埋もれた線路撮りしながら走行、駅を通過してしまって逆走しながら、どこから流れ出てくるのか圧倒される水量、熊出没の看板もあり、日本原風景を存分に楽しむ素晴らしい走りを体感。

道路脇あちこち点在した見所案内板立ち読み、景色に堪能写真撮り楽しみながら、東北の駅100選選定会津川口駅12:05到着。会津若松まで20駅あり1日6本運行、本日向かう会津柳津駅は9駅目で¥500.だった。走行再開路上12:17で小さな福島空港125km看板あり、道の駅「かねやま」こぶし館で昼食12:43もりそば。付設福島県指定重文 旧五十島家住宅を眺め 写真撮り無料だった。床板に長方形の穴があるだけの便所と、天井柱から吊り下げられた黒光りする大陽物にビックリ。

R252楽しみながら走ってたのに誘惑に負け、麻生大橋渡って対岸のr343に浮気したのが悪く、再度R525に戻る過程で、柳津町内の案内矢印確認しながら15:23、ご苦労にも8%の坂上って間違いに気づき、戻る羽目になり大汗かき会津柳津温泉宿『かわち』15:31到着。歓迎板に俺っち名前横に、山塩のお湯でくつろいでおすごし下さいと書込みあり、11組の来客名の書込み文面すべて別とは、企業努力してますなあと脱帽します。朝食時女将自らすべての食卓を回り、ここが発祥地と言われる赤べこう、キーホルダーを手渡しプレゼント気くばり客商売の神髄を感じた。

本日走行距離67.42km 走行時間3時間52分14秒 AV17.4km



関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ