5/18 只見は大変だった

2017.05.29
7時目覚め半過ぎにバスタブで朝風呂浴び、完全に目覚め8:10朝食会場で和定食、9:25チェックアウト駐車場で自転車組立て、東方面山並み雲に覆われ、俺っち向かう方面はやや明るく、取り合えず雨の心配は無さそうで9:45出発。浦佐HからはR17号を小出まで走り、R252に走り継ぐのが最短でナチュラルだけど、なるべく初の道路を走りたいと考え、r265からR291の迂回路でTN10:36抜ける、実はこの道も一度走ってるが、その後に続く未走r70に向かいたい為の走行、干溝信号脇の薬師運動公園でトイレ休憩すると、同じくトイレ利用した地元自転車乗りから、親しく話し掛けられ暫く雑談、只見まで向かうと知るとTN内が暗いので、充分気をつけて下さいのアドバイスあり、かみさん実家が福島なので、車の往復で熟知してるようで俺っち年齢知り驚いてた。

ここからr70に分岐進行すると、車の通行激減めちゃ走り易くなりイ楽々、R252に合流するとすぐ道の駅「いりひろせ」隣の山ごっつおで昼食12:40ごんぼそば定食¥1200.たべる、近くに見える山々に残る雪多く寒い、R252県境再開通が1週間前の5月10日正午の張紙あり、道路開通直後じゃ寒いはずだよ。走る道端至る所に雪渓残りカメラ撮り、対向車から降車したご夫妻も、雪渓の写真撮りスノーシェッドTNやたら多く、ヘアピンカーブが連続する会津街道の難所、スノーシェッド六十里TN抜け県境越えて、15:00福島県下になるとTN内照明無し真っ暗じゃん、幸い車の通行極少で助かる。残雪残る山々と只見湖水面に新緑の樹木が映え素晴らしい景観。

只見駅到着16:17駅舎撮り後、周辺撮影してるとSL56244が展示保存されてた。みながわ旅館到着16:50宿の洗濯機借用洗濯後部屋干し15:48本日客人他に無し俺っち1人だけ、何よりも有難かったのは、自転車を玄関内の部屋に新聞紙敷き、置かせてくれたのは大感謝。夕飯は19時部屋食で地鶏五目おこわを堪能2食付きで¥8000.2F部屋からの日本原景色が素敵だった。

本日走行距離67.42km 走行時間4時間26分30秒 AV16.8km






関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ