3/17 しまなみ海道

2017.03.25
宿大潮荘はしまなみ海道入口すぐ近くで、9時過ぎ輪行袋新旧取替て支度完了、出発するとすぐ来島海峡大橋で4105mあり、海道随一の長い橋で今治側から第三、第二、第一と連なり、最初の第三パートはEVで馬島へ降りられるが、この橋は横風がいつも強いな。大島へ降りブルーライン走行すると、次は伯方・大島大橋1165mを渡る事になるが、ここも橋途中で無人島見近島へ降りる歩道がある。次いで大三島橋328mは、しまなみ海道最短距離の橋、楽な勾配で道幅も広く快適あっという間に通過。

大三島は最も大きな島で、「道の駅」しまなみの駅御島、多々羅♨️もある、坂は無いけど島内全周走るには、40km以上もあるので気合い入れて走る必要がある。尚伯方大島にも「道の駅」伯方S・Cパークがあるがお勧めは大三島の方だね。大三島から生口島へ渡る多々羅大橋は二番目に長い1480m橋、国内最長の斜張橋で渡った先の生口島は尾道市つまり広島県。因島へ渡る生口橋790mも斜張橋、因島を全周回るのは坂が結構きつくこちらも覚悟がいる。

因島から向島への因島大橋1270mは、自動車道路中央部階下に自転車道路が吊り下げられた形状で、頭上を走行する車両の通行音が脳内に響く、しまなみ海道唯一の不快な自転車・歩行者道路。下に降りると向島で尾道駅前には駅前渡船¥100.で渡れる、少し離れた方向へも福本渡船で渡れ、別港から尾道渡船も運行しており、目と鼻の先迄の往復なので待ち時間も無く、頻繁に往復してるので、R317で遠回りで混雑する尾道大橋走る必要は全く無い。

しまなみ海道走行はこれで3回目だが、気になることが一つある、それは自転車通行料金無料が2018年3月31日(土)迄と表示されてたこと。俺っちが最初に走った時は、主催者が一括払いしたため、個払いせずで料金は幾らか知らんが有料だった。2回目と今回はフリー通行。

15時50分尾道港に到着正面が山、宿は山頂なのでR2からr363に左折、暫く直進して北高入口左折上り道を走行、16:27千光寺山荘右方500mCM大看板目に入り、激坂続きだったので上り直しは御免よと、走ったので道間違ってないこと確認でき安心、16:50宿到着玄関前で頂いた輪行袋に自転車収納、バージョンアップで更に使いやすくなり納得。送迎バス車庫奥に留置きを、運転手に頼み引受けてもらえたので、部屋迄持込む手間省けて助かった。

山頂の宿なので尾道市内から瀬戸内海、しまなみ海道が一望で食事後、20:00屋上展望台から夜景もバッチリ撮れた。
走行距離86km AV16.4km 5時間12分34秒
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ