2/2 天草上島姫戸温泉へ

2017.02.07
7時過ぎ熟睡から目覚め食事前に風呂浴びようと、1階上にある大風呂に向かうと今朝方は、まだ誰も利用した痕跡なく電灯も消え真っ暗、その後も誰も入浴してこず1人でリラックス、半露天風呂もあり気持ちよい外気に触れ、旅疲れ癒しすっきり目覚めた。

部屋に戻ると食事処からコールあり朝食、この宿朝食時間7時半と8時の2部制なので、8時に会場に行くと先客も全員が在席中で、8時だよ全員集合よ、隣席にご夫婦現れ顔眺めると、昨夕街中散歩中に出会って、言葉交わした仲良しご夫婦さん。

食事しながらの雑談で小倉からJRジパングでの旅と知る、JR九州は管内40%割引と優遇するわ、特急列車も各々個性あり、台湾、韓国、中国の外人にも喜ばれてるはず、東日本は遅れをっ取てる、シニア世代が増えてるので割増しで、利用者増加目論んで財布のひも固いシニア世代刺激しろよ。台湾なんかシニア割引50%だよ、外人にも適用してるぜ見習って欲しいわ。

食事しながら会話も進み携帯アドレス交換まで発展、年老いて遠い地方で知人が誕生することは貴重、特に旅好き仲良しご夫妻っていうのが気に入った。そういえば俺っち達夫婦も、以前はよく鉄道旅行したわな。

9時半出発暫くR3走行し八代南IC手前で左折、r4を海に向かい走るもMAP上では簡単のようでも、実走すると結構判断に迷う分岐もあり難儀、神橋改修記念碑ある場所、八代城址の立派な掘割城壁のみ残るを撮り、鏡に向かわず左折r338ペンタに宇城市の名見て間違いなし確認、R266に行き当たり左折道の駅不知火4km13:05不知火道の駅到着で昼食海鮮丼¥1300.鮮度抜群おいしかった13:50出発。

続いてたR57R266の重複路は、R266天草五橋の標識14:4を左折であと宿まで一本。最初の天草パールライン眺めた昔、箱庭眺めるような景観に感動したこと、松島の旅館で大きな露天風呂で旅疲れ癒したが、当時は突っ走った若い頃だったなあ。

松島橋わたるとR266は左方海岸線へ向かい、直進右方海岸線へ向かうR324とは島終端の瀬戸大橋で合流、下島へ渡り同じく左右に分かれR324は苓北で終わり、R266は牛深まで続くが天草内の国道はすべて数回走行してる。残すは県道と林道数本だけと思う。一種の病気かのようで未知の道、走るのが楽しくて止められない。

16:30姫戸の宿到着、すぐ近くにあるコインランドリーへ徒歩で向かい洗濯、大型のみ僅かな洗濯物で¥900.は高いなと、¥1000札両替¥900入れても¥700カウント手元の¥100入れても足りず、ポケの¥100加えてやっと動き出し、結局¥1100取られてしまったよ。洗い終えるまで周辺ぶらっと歩き写真撮り、18時から別棟の食事処で夕食は、一品料理の選択だけで煮魚定食をチョイス、温泉宿にしては食事がお粗末、でも温泉旅館で2食付き¥9000.では値段も破格値、文句は言えないわ良かったのは個室風呂が無料で50分使用でき、檜の風呂を体験させてもらった。

走行距離87km AVR20.9km 4:09:02 2日間で194km 撮影枚数230枚 写真撮っても残念ブログアップの技術なし、学ぶ気力なし老いぼれたよ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ