1/23 奄美から帰宅

2017.01.27
本日旅最終日で奄美空港発15:30発JAL便で羽田空港着17:15、いつも自分で決める便と違って遅い午後便、羽田到着で自走帰宅はとても無理、かといって電車輪行もラッシュ時間でこれまた無理、となると選択技はリムジンバス輪行だけ、リムジンバスも道路混雑する時刻帯で家到着は遅くなりそうで、神と一緒の重兵衛でうな重晩飯食べるは到底無理。空港から委細ピポパで伝える。

ホテル10時チェックアウト空港まで1時間もあれば到着、かなりの時間つぶす必要ありはてどうする?で考えたのが昨日コースをも一度走り、R58に出たら逆走せず赤木名へ向かい、r602からr601と走り継ぎ佐仁回って空港へ向かうコース、それでも全行程は30km程度なのでのんびり走ることに徹する。

この辺何度も走っており横道も進入してて、面白味に欠けるので次回ここ走るは一考の要あり。前方から車来るので路端を低速走行し、車の走路充分空けてあげても通過せず停車、自転車を通過させる優しい配慮みせるドライバー、心優しい島人に感動を覚えたこと数回あり、これってついぞ沖縄では体験しなかった事。貧しい島では助け合って生きて行くしかなく、長年の共同生活から派生した生活の知恵なのか、島民の優しさを随所で肌に感じる島、年末に再度奄美、加計呂麻、その他諸島もぜひ体験したいと思ってる。

奄美大島は奄美市、瀬戸内町、龍郷町、宇検村、大和村の一市二町二村から成り、奄美市は島北部の笠利町が、龍郷町を挟み飛び地になっている、また鹿児島県内の町はすべて(町)ちょうと呼ぶ。東日本はまちと呼称する事が多いが、西日本はちょうと呼ぶ事が多いようだ。

時間は充分あったので再北端笠利崎までも行けたが、本日帰京で航空機搭乗控えてると、左程のんびりも出来ず14時には空港に到着した。空腹感なかったので途中食事せずだったので、搭乗手続き終え待合室でポカリ飲みながら、リュックから石窯パン屋のパン取出し食べた。

奄美空港から羽田への直行便は1日1便のみで帰路の便は満席だった。今回の旅天気には恵まれず、終日完全に晴れたのは最終日だけ、TNも多かった事もあるが3日間サングラス無しで走った、風強い日も多く突風に巻かれ縁石にペダル当たり転倒この時は無傷、自転車押して歩くのも押し戻される強風だった。数時間後今度は林道走行中の山中で、下水溝の蓋グレーチィングが車輪通過で、数センチ沈み込み転倒左顴骨打撲しこぶが膨れ、口内切って僅かに出血したが薬も無くそのまま、宿に到着で消毒薬のみ使用したが打撲は放置のまま、数日経つと顔面にうっ血広がり、神に酔っぱらいが転ぶとそういう顔に成るよ、と顔見てケラケラ笑われる始末。何があっても爺さん全くめげないので相手するのも気楽なものよ。

バス内でひと眠りしたらまだ都心TN内、腹へったので今度は昨夕のHレストランのピザ、食べきれず残したらパックしてくれ持帰り、リュックにあるはずと思い出し取出し食べたよ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ