1/22 龍郷町で連泊

2017.01.27
今回の旅で2回目の連泊は龍郷町ネイティブシー奄美H、選択した初ホテルが快適で当たり、ここを奄美北部の基地に決定、中部は名瀬の山羊島Hにすでに決定済みで、今回の旅で南部は宇検湯湾のやけうちの宿に決め、次回は各基地から周辺探訪を楽しむつもり。食事がいずれも美味しく、しかも山羊島とやけうちは♨️も楽しめる、北部で♨️楽しむにはティダムーンHという選択もある。冬期の異動先を沖縄から奄美に転じたので、JALしか利用できないのがちょっと残念だが、暫くは新しい楽しみで奄美体験できそうで嬉しい。

朝食往路は昨日同様親切なスタッフが車で送ってくれ、連絡して下さいと言われた帰路は、偶然玄関先で客人送って来た車に鉢合わせ、老せず同乗でき帰館できた。食事処本館レストランと宿泊処フォレストと700m離れ、車で送迎してくれるが明日朝食は徒歩移動して写真撮りだな。

奄美北部は島内横巾狭く山も低く、横道も少ないので結構隈無く走ってるので.本日は部屋から見える、湾内前方に広がる岬半島探訪と、調髪で立寄った赤尾木バス停前の理髪店で、髪の毛伸びたので散髪してもらう予定で、10時ホテル出発海沿い道路走行しながら写真撮り、店に近づくとサインポール回っておらず、?脳内で月曜日ではないと確認、それでは帰りに立寄ればと素通り、直ぐ先信号を右折するとr82で奄美空港方面、本日はR58直進左手海面は、隕石落下でできた奄美クレーター展望所に説明あり、バス停一屯、喜瀬、小勝と過ぎると分岐あり、R58路上に鹿児島ロマン街道・崎原ビーチ標識あり左折、海沿い走行すると海面の鮮やかなライトブルーカラーに目を奪われる、初めて走る道で海面がめちゃきれい,遠く見える対岸突端にHが見えるので、デジタル超望遠で撮影するも判別できる程度。

道幅狭くなり舗装路途絶え崎原ビーチは断念、道なりに右方へ向かうと突然、道幅広くなり快適舗装路に変わり対岸に出て、R58通行する車両が目に入る。本日はR58に出た手花部から引返す途中、チーズ工房で昼食フルーツカレー¥700.フルーツ期待したがそれほど変わらず普通のカレーだった。チーズ工場で働くスタッフから声掛けられ、この人も自転車好きで林道に詳しく、あれこれ道路情報教えられた。山羊島Hの山羊は実はここの山羊だそうで、次回来訪時本屋で地元の詳細地図入手すれば林道も楽しめそう、書店の場所も教えられた。

赤尾木の床屋へ戻るもサインポール回っておらず、本日臨休かと思ったが駐車車両見て、在宅と判断声かけると顔だけでなく、名前まで覚えてくれてて歓迎された。顔の傷見てどうしたんですかと驚かれた?見た目酷いので同情されるが痛みは全く無いのでご心配なく。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ