12/7 境港へ

2016.12.07
朝9時半部屋で濡れた自転車清掃しながら組立て、そのままEVで階下に降りてチェックアウト、外へ出ると頭の上方だけぽっかり青空、周辺四方八方は厚い雲で覆われ、走る方向出雲大社方面は暗雲に覆われ、出雲大社脇から日本海側に沿岸走行する予定を大幅変更、R431宍道湖周辺走り最短距離で松江へ向かうことにした。出雲大社へ向かうのもR9からR431へ大回りせず、r28直行してのショートカット途中、島根県立浜山公園に立寄り園内見て回る、子供の喜ぶ遊具満載の広い公園眺め、都会周辺では全く体験させることできない自然環境、素晴らしさに圧倒され感動した。

R431に出て左折すると3km先が出雲大社だが、空模様があまりにも悪すぎ松江方面へ右折、島根ワイナリーを右手に眺め通過バス停ポール、おにぎり標識、空模様、門構えの豪華な屋敷等撮り、熊見谷で天平古道入口看板眺めるも残念寄り道出来んわ。有名な一畑電車大社線と路面が隣接し始める最初の駅#7美談(みだみ)駅名看板撮り、数台留置きの自転車置き場の屋根下、サイクルマークの飾付けが可愛いらしい。一畑口で電車道と道路が入替わり、路面左が線路右が宍道湖になり、ちょうど昼時中華レストラン翠苑のパンダマークに誘われイン、店内から宍道湖が一望に眺められ気持ちよし、でも酢豚定食¥1260.お味はいかさなかったな。

#15津ノ森駅で停車駅舎は真新しくきれいだったが、ホームの建物は古いまま、#18秋鹿町(あいかまち)道の駅に立寄る、ここ寄るのは2回目近代的建物、物販とレストランコーナーは2階片隅コーナーだけ、肩身狭い間借り人の感じ受け愛想よく応対してるスタッフが気の毒。広い空間ある憩いの部屋で1人がTVも1人がソファで寝てた、2両連結パタ電が行き交うをキャッチ、最初ホワイトカラー赤ライン車、次ぎ見た逆方向はオレンジカラー白帯でこの間13分、俺っち走った距離メーター36km地点13時10分松江市内で14時、大根島通り抜け境港目指すので、街中でr260探し中松江城の堀中で、寒いのに魚獲り作業中、問うたら外来種排除作業とかで初の試みだと。

r260結構な山道で広域農道のようなアップダウン続き、大根島が見える浜辺に出る、左右いずれに向かっても境港に行けるが、左方はR431に接続一度走ってるコースなので、今回は初の大根島、江島を海中道路で抜ける美穂関八束松江線、江島から江島大橋渡って境港到着したが、江島大橋も境水道大橋に負けない凄い高所を渡るぜ。バッテリ無くなり写真1枚も撮れず残念、もしかして、また次来なさいという事?

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ