12/5 三次へ

2016.12.05
一度目真夜中0時二度目2時に目覚め30分程テレビ、そのあとまた眠って三度目がまだ6時、そのまま目覚めると早すぎると、も一度眠ったら8時と頃良い時間目を覚まし起床。ベッドが眠りやすく何よりもピュロー枕が気に入った、8時半無料朝食会場に向かい軽く朝食食べる。9時半チェックアウトフロント前に預けた、輪行袋に自転車ホテル前で組み立て出発。

ホテル前が国道54交差点信号機直前で、道路表示板行き先三次の文字がくっきり、そうなんです実は三次は広島から国道一本で行ける場所でも、国道一本で走るのは何の変哲もなく面白味無い、で別な道は無いかと考えr37走って、三次直前で国道54に合流するルート、家出るときはこのコースで向かうことに決めてたのよ。ところが昨夜PCルートマップ眺め、最初の20km程県道70を走って、上深川町で県道37に合流するショートカット路に気付き当日コース変更。広島市内に路面標識ヘキサまったく無く、途中道路見失い広島女学院大の急坂に迷う迷走の後、何とか70号に戻れ以後間違うことなくr37に合流できたが、何故かr70ヘキサ路上に一本も設置されてなかったので、行き先表板の路線に示された、路面表示の70だけが頼りだった。r37には多数設置されてたので、安心し気楽に走行出来た。

r37(広島三次線)はJR芸備線と常に並走してるので、輪行逃避が容易でトラぶっても困らない。しかし国道走行避けたのにr37通行車両めちゃ多く、大型車が俺っち抜きにくい場面も感じたので、比較的に歩道走行が容易な場所は退避走行を続けた。正午を回り混み合うラーメン屋前通ると、突然空腹感覚えた。田舎の道路は開業店に立ち寄らんと、そのまま食いはぐれてしまうので、次の店で昼食と決めて走行すると、喫茶とお食事の店えぷろんありピットイン。相客4名が食事中で俺っち注文後単身、二人組が相次いで入店¥700.日替わりランチ食し、食事後駐車場歩きあちこち風景撮りしてたら、食事終え出てきた老人農夫が写真撮ってあげるよと、親しく声掛けてくれたので甘え店バックにチーズ。駐車場に設置された赤と白の自販機、赤色機は通常価格そのまま表示に対し、白色機ダイドーは¥20安値設定で表示、この隣り合わせの価格戦争、火点けは誰で意図は?俺っちこう言うの興味あるんだけど…

芸備線走る車両何度か目にしたが一両と三両連結、車体カラーもバラバラでどこぞの路線から、払い下げ車両のような感じ受けた、沿線数駅に立ち寄りいつもの写真撮り。r37は志和地錦橋でR54に合流すると三次まで8km、遠くから宿泊ホテルα1看板見え楽々チェックイン15:30ホテル前のドラッグストア食品も併売で買出し、広いフロアに薬のみ仰山にあるが、食料品わずかな種類だけ在庫、ヨーグルト2箱バナナ数本、ビスケット1箱で¥670.カード払い。夕食はホテルのインショップで鯛のかぶと煮、ニラチジミ、カルピスで¥1610.もカード払い。本日月曜日途中〒局で現ナマ入手してるが、現金支出は出来る限り避けてる。 

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ