11/16 再び大津へ戻る

2016.11.19
今回の旅は大津からスタート、熊本、大分、宮崎各県を走り再び大津へ戻る8泊9日間、美里町佐俣から最終宿泊地大津町までは、コースはイージー距離も短いので考えた迂回走行。宇城に向かう国道218を3km程走行し、r105を空港方面とは逆方向神園信号左折、r105甲佐小川線に進入し何じゃまた上りかよ、だったがそれ程苦労する事も無く、上りは名水峠の岩清水の水汲み場まで、標高265mから下り道になり終端でr32、城南、熊本表示ある右方に曲がり暫時走ると、豊野西部農免道路たち標識の誘惑受け、一瞬停車し考えるも断腸の思いで断ち(オーバーな)、R218を横断r32をそのまま直行すると、ブルーシート屋根がちらほら目につき、道端の柿木の実がたわわに実り美味しそうだった。

更に路面先に進むと、直進右折共にr32r38路面の重複表示あり、理解に苦しむもアナログMAP表示は更に難解で、道路も工事中で直進するとR266阿高信号だった。信号右手にたこ焼き屋あり思わず停車、昼時12時半小腹も空きベンチに腰掛けたこ焼き食し、自販機でお茶缶も購入の小休止。再度走り出し奇妙な名称で印象に残ってる鯰信号、ここ通過3回目イタリアンショップ目に入りピットイン、昼食マルゲリータセット¥1350注文、美味しかったが食べきれず1切れパックで持帰り、夜になってホテル部屋で食べ満足。

田井島信号で国道57に右折、そのまま走れば17km程でホテル前に到着、時間も14時過ぎで頃合いも良しで、迂回路考える事も無くホテルへ向かった。神さんの旧姓表示信号前で赤になり停車、思わずカメラ取出しパチリゲットしたけど、確か宮崎県内?でも見かけた覚えがある。ホテルには15時回ってすぐチェックイン、昨日宿にコインランドリー無く、部屋にバスタオルも無かったので、手洗いもままならず衣服洗濯せずだったので、まずはコインランドリーでの洗濯を優先した。

晩飯はリンガーハットへ向かったら満席、仕方なく戻って焼き肉NABESHIMAで,石焼ビビンパとテールスープにアイスクリームで¥2040.ローマ字店名NABESHIMAもロゴ省略工夫しており、二文字あるAに赤色アクセント付け、HとIを併せ1文字表記してる事に気付いた。テールスープ旨かったな、石焼ビビンパに付いてるわかめスープと、スプーをWで飲み干したが悪かったか、石焼ビビンパ完食できなかったのが残念。

今回のホテル60歳以上限定の割引ご長寿ハツラツプランで¥5300.で部屋は広々朝食付、佐俣の湯朝食付¥11850.とは段違だよ。
 
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ