10/16 飯田市に到着

2016.10.17
中津川ルートインH宿泊の朝、日曜朝は観光デイで宿泊客多くが早出、10時寸前チェックアウト玄関サイドで輪行組立たが、駐車場はほぼ空だった、本日コースは県道7号(中津川南木曽線)から、馬籠宿抜け馬籠峠790mが県境、長野県に入り坂下るとR256左折妻籠宿、右折すると飯田方面へまた上り勾配、分岐寸前のそば屋にイン昼食とろもり¥900.。

食後12時50分蕎麦屋を後にしたが、距離メーターまだ20kmの此処までほぼ上り勾配。国道256はそば屋すぐ先で、左折は妻籠宿から木曽福島、俺っち向かうは飯田は右方へ上りは続いて8km、左方分岐する県道8号(飯田南木曽線)を大平高原へ向かい13時50分進入。勾配一段ときつくなり道幅狭くなるも、車の走行激減し風情良い光景続き、大平峠1236m越え5kmほど下り、保存されてる大平廃村で数軒の家屋の写真撮り、朽ち果てた家屋も見受けたけど、かっては立派な集落だった中仙道宿場町の痕跡。

15時10分廃村からから上り返しとなり、大平峠と同じ標高の飯田峠1236m越えると、長い々下り道が続きブレーキングで、指先感覚失うほど痛み発生、松川ダム過ぎると民家が散見するも、下り道はさらに続き飯田市内に入り、宿泊先ホテルニューシルクH到着16時15分。走行距離60km 走行時間4時間37分 AV12.9kmは上り坂がとても長かった事を示してる。長い下り坂でソロサイクリストと対向したが、あの時間での峠越えは走行フォーム見て?失礼戻るのだったら構わんがな…

ホテル到着後コインランドリー¥200.自販機で紅茶缶¥130.ドリンクで現金残高数えたら¥270.だけ、旅してると曜日の感覚忘れ本日日曜日で、俺っちカードでは現金引き出せず、ホテル食堂でカード利用で夕食食べ凌いだ。ホテルが飯田市のはずれで、近くにコンビにも目に付かず、コンビに利用で食事対応でなく良かった。大浴場に子供連れお父さんが居ったが、道路向かいの本館ホテルで食事時、ホテルの窓眺めたら在室1割りほどで、残りすべてが無人状態、駐車場が離れており駐車状況は不明だが。最近どこへ行ってもビジネスHは、満室が普通なのにこのホテルどうして。部屋も広々清潔で良く大風呂にサウナもあり、スタッフの応対も上々、価格も朝食付き¥8316.は普通かと思うけど。

もしかして別館、新館に更に別名館とあり、宴会棟にチャペル所有してるは、近隣の結婚式一手に引受けますで、実は大繁盛だったりして、なに別に心配してくれなくて結構だって、いや申し訳ないつい経営感覚働くので…
明日は諏訪市に向かう最終宿泊日だが、この間は何度も走り慣れてるコースで、未知の道が見当たらず新鮮味に欠け、一眠りすんでからPC地図で検討してる。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ