10/1 本部今帰仁旭川から那覇市へ

2016.10.02
8時朝食会場へ向かうと若人ばかりで熱気むんむん、場違いの老人と見たようで、親切な食堂のお母さんスタッフに、あれこれあ気遣って頂き感謝です。本日は旭川の長嶺農園に挨拶、今帰仁城址見学で本部半島周回してのち、那覇まで向かうので今回滞在初の100km越えロングになるので、背中のリュックはホテルに預け、本部周回終えての帰路受取る心算なのに、出発暫時後に気づき戻るは面倒とGOは、戻るべきだったな本当にアホや。

国道449走りながらふと海側歩道に目が向き、本部までオール歩道走行になったが、走り易い歩道で写真撮りながら走行するにはバッチリ。随所に見所が設置され数年前とは雲泥の差、観光で集客狙うには効果ばっちり、青い海透き通る海面眺めてると心洗われる、東京近辺の海辺では絶対味わえない快感だね。

世界遺産今帰仁城址への上り道は、傾斜度きつく閉口しながら城址にたどり着くも、本日那覇まで帰らねばならず、靴履き替えてまで拝観する気力失せ、小休止だけで素通りに決定。島内横断は更に4km上りが続き、頂上越えたら大バテだった。長い下り道下りきると名護、海洋博公園のr84に突き当たり、左折するや今度は伊豆見へ向かう上りが控え、途中見かけたそば屋島豚屋、丁度昼時休憩兼ねピットイン。あれこれ薀蓄の看板あるわ、限定ソーキありで期待するも券売機は売切れ表示、三枚肉炭火炙り麺¥1080食べるも、出汁はやたら辛く俺っち的には美味しくなかったけど、自家製生麺はコシがあり美味だった。

中山信号脇の自販機でドリンクr72右折すると長嶺農園はすぐ、顔馴染み働き者一子姫に歓迎され、何時も通りのたんかん発注すませ用件落着。すぐに出発名護市からフラット海岸線続き、道の駅許田でドリンク休憩後からは、セカンドウイドウか脚快適に回りだし、お菓子御殿手前から波乗り路面のBPへ直進、ややペースダウンも以後順調に走れ恩名の駅でドリンク。

汗まみれのサイクリスト1人ピットイン、しばらく後先発に気づくも汗の様子から、苦もなくキャッチと読みスタートすると、山田の長い坂道間もなく終端で捉える。北谷からは何時も併走する県道走りで、横断信号待ちしてると後方のライダー目の前通過。県道は狭くて車も多いがR58走るより快適、58BPに合流ペース上げ走行、本道に合流すると浦添の渋滞地区に進入、本日のホテルは泉崎左折なので、直進するしかなく減速走行で17時過ぎ到着。輪行袋に自転車収納チェックインしてからが忙しかった。
 
到着してすぐに洗濯その間部屋のバスで汗流し、洗濯終了で回収部屋干し後レンタルPCで検索、桜坂劇場へ映画鑑賞に出かけ『憂鬱』¥1200シニア料金、フランスでは100万人の動員記録した評判の映画、興行的に不向きと判断され国内上映8館だけ。それほどの感動もなく、ただ憂鬱な気分になってしまう映画だった。

映画終演街中に出ると大変な人混み、そう本日は日曜日だったよ、大型すし店も9:30店内満席で表示で入れず、りゅうぼうで地下飲食街へ向かうも、こちらもオーダーストップで晩飯食べられず。仕方なく食品売り場で50%割引の焼き魚とカットパイン、ボイルえび刺身、巨峰ぶどう、カルピスウオーター等で¥2401、これで晩飯って主食が無いじゃん、でもそれ毎度のことなのよ。

本日走行距離111km 走行時間5時間半 AV辛うじて20.1kmでアベ20km超え、

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ