9/14 九州熊本ツアー結末

2016.09.18
北九州空港10時出発のANA便、宿から海上人工島空港までの約10km、空港専用の道路走行し到着する、ロビーは閑散としており手続きはすぐ終了、搭乗口待合室にも人気無く?そうです、1時間読み違えの早着だったので人気無い空港内にも納得できた。

今回の旅初日に到着したこの空港で、地元のサイクリストに声掛けられ、しばらく自転車談義に花咲いたけど、この空港周辺は格好の練習場所になっており、走る皆さん顔なじみになる様子。空港で行き止まりなので走行車両も限定され、路面も良好となれば格好な練習コース、走ってれば自然仲良しになれるわな。この人65歳の定年退職者で悪性腫瘍の発見で、落ち込みながらも自転車の楽しさに目覚めた初心者、症状進行せず何時迄も走りを楽しめる事を祈る。

羽田到着11時半到着前の機内アナウンスで小雨と聞いたが、空港へ到着すると水溜り残るも雨は完全に上がり、楽に走ってゆける状況で京急輪行。乗車した電車の行き先が逗子で、ふといつもの天空橋下車の自走ではなく、川崎まで乗車して多摩川沿い自走に変更、京急川崎駅前で輪行組立て多摩川沿いを家路に向かってGO!

多摩沿線道路は終日渋滞して道路幅も狭いので、土手上CRをノンビリ走ろうとジャージに着替えず、レーサーシューズに履き替えたものの、半ズボンにポロシャツ輪行スタイルのまま。京急川崎駅出ると東海道線、京浜東北線とJR2線をアンダーパスして、多摩川大橋手前からサイクリング道路に走路を変えると、府中四谷橋渡って対岸浅川沿いに走路移るまで、多摩川沿い走るCR約30kmの間、鉄橋8カ所道路橋10カ所高速自動車道2カ所をアンダーパス、浅川に分流してから自宅まで10km少々は、CR無く一般道走行して 15時半自宅に到着、6泊7日1週間の九州熊本の旅は無事終了。本年度104泊、80歳からカウント172泊達成と順調に推移してる健康に感謝だ。

スポーツサイクル走行体験約60年になるが、今回の英彦山に向かう国道500走行中、台風下を走った静岡、山梨県下での体験に匹敵する豪雨を体験したが、今回は路面に縦溝掘られた舗装路下り勾配、カーボンホイールだったのでブレーキが利かず、レバー全力で抑えても時速20km以下にならず、車体がぶれだす状態になり怖い体験した。幸い山中で車の通行極少で、道路幅も広かったに助けられたが滅多に無い忘れられない体験となった。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ