9/13 英彦山下り楽走日

2016.09.15
早朝小雨残ってたが10時ホテル出発時は降り止み、熟睡で気付かなかったけど夜間結構な雨風だったようで、濡れた路面に枝葉びっしり貼付き、巡回中の建設省パトカー職員数人、路面散乱の枝葉片付けてる脇を言葉掛け通過。ホテル出入口カーブミラー看板#80が目に入り、緩い勾配の湾曲道路カーブミラーに79,78次々続くので、停車しては写真撮りしながら走る。

本日コース50kmそこそこと近距離、しかも路面が下り基調なので楽走、普通に走ってたら3時間もあれば到着で、ホテル到着チェックイン時間15時前で早すぎ、途中見るべき物もなしで考えたのが、全カーブミラーの撮影よ。でアップダウン波乗り道路状態尾根道が続き、三叉路に至ると野峠700mでR496に左折、ここから道は下り坂ミラー撮影も終了の走行。三叉路右折は日田に至る、途中から林道突き抜けると耶馬渓に抜けられ、こちらも一度は走って見たいコースだな。

R496も極細国道で対向車と離合難しく、時折待避所が見受けられたが、何やら斜面上方で工事が行われており、直進通行止め迂回指示され、登坂路に大回り迂回走行、付近でダム工事が進行中で、いずれこの辺一帯は大変貌すると思われる。
昼時になり何処かで昼食と思うも集落全く見当たらず、地図広げ鉄道線路沿いのr34方面に向かい左折、平成筑寛鉄道田川線犀川駅前に出る、駅舎に併設の食堂でオムカレーと紅茶¥1200でのんびり。

食後線路と橋渡った川沿いのr34を行橋方面へ右折、この道路後方は添田からr52に続き日田彦山線沿い、途中宝珠山でR211に合流日田に入る、地図眺め路面読みに熱中すると、無性に走りたくなるのは俺っち性かな。サイクリング道路標識目に入り、河原土手道に入り込むもたったの4km程で終端、使用頻度低いようで草が生い茂り快適さ皆無。

行橋街中過ぎr25に入り暫くすると、突然三車線路に代わり車の大洪水になり、宿は至近距離で時間早すぎるので小休止。どこぞ適当な場所と物色しながら走行、苅田町勤労者体育センターに立寄り小休止、建物内見て回ると潮田玲子メモリアルコーナーが正面に鎮座、ここ苅田町がバトミントン世界で超有名な、オグシオコンビのシオちゃんの出身地だったと知る。

体育館が全面貸切り日で入口クローズされ、入館出来ないので外からメモリアルコーナーに飾られた日本代表のブレーザー、ジャージやらサインをガラス越しにパチット写真撮り、俺っち別にファンでも何でも無い尻尾の無い野次馬で御免。暇つぶしして再度走行開始すると宿泊ベッセルホテルは目の前。町中からやや離れてるので、夕食外出に嫌気がでて部屋にあったデリバリーチラシ眺め、19時過ぎ海鮮ピザパイS注文¥2500、たいして走行してないのにぺろっと食べてしまったわい。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ