明日もやろうぜ。

2006.02.18
熟睡し目覚めると時計は9時半。
10時までには出かける予定がこれじゃ寝坊だなあと思いながらトイレへ、と
『あんたお迎えがおおぜい来たよ』
『どうすんの~待ってもらうの』
と天使と悪魔が大騒ぎ
『あれ??』
思いがけない朝駆け受け小便チビリそうだったぜ、デチ棒丸出し扉開けたら愛する天使が大慌て~
『あんた約束していたの?』
『殿からのメールには9時半から10時頃家を出ると伝えたが』
『5,6人居たよ』
『殿は居たか』
『サングラスで見分けつかないよ』
皆兜かぶってるからちょんまげ見えんからなあ・・と独り合点。

天使から一服『目覚めの茶』頂き着替えてすぐ出発は9時50分セーフ。
まだ身体は完全に目覚めてない状態なので、マイペースのまま走り日連橋上で11時のチャイム聴き、50分後つるや到着皆と合流できた。
寝坊のわりにゃあ好調じゃん、ウン新車が本領発揮してきたようだ。と心の中で問答。

雛鶴峠は距離的には10時発の冬時間向きだが、やはり山は寒くつる屋爺用意の即席火鉢で暖をとる。変に身体温めたので帰り下りの寒さに閉口。途中何度か踏み込み加速繰り返しで脚鍛える、こんな走りするつもりなかったのに~。心拍いっぱいに無理せず後は流して後方ソロラン、めちゃくたびれたあ~。

皆とはドンと遅れで大垂水峠走っていると、遊び相手は来るものよ、峠中盤俺っち追い抜き走りすぎたサイクリスト、これ幸いと仮想殿目標とし10~12クランク間隔で追走、頂上看板目撃してスパート楽勝で捉えたので満足よ。
今夜も高枕じゃな。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ