8/7 椎葉から内地へ移動

2016.08.12
熊本空港から1便帰京のつもりで宿に依頼してた弁当、宿食事処で朝8時メンバー4名で食べながら、昨晩考えた帰路コース3案伝えると、直参迷う事も無く即断3案錦帯橋観光コースに決定。

国東半島横切った竹田津港からのスオーナダフェリー、乗船時間19時に間に合うためには早発が何より、いつもより1時間早発で9時出発、急遽変更で鶴亀支部長の見送り時間無くし失礼した。大分空港の軽四に俺っち、新潟海坊主自衛隊に直参便乗、軽四先導でまずは輪行道中スタート、途中待受けた那須大八案内で大型コンテナ車両基地、砦天井のスズメバチ巣作りを見守り、蜂と共存共栄生活は流石源氏の型破り、那須一族末裔だから出来る事と感銘した。

馬見原、高千穂、r8、竹田、豊後大野から大分市内に入り、昼食腹ごしらえは空港の馳走別大道路入口駐車場で支度、海坊主に杵築市内まで輪行後、広域農道逆走で自走してくるよう指示、俺っち直参従え別大道路走り、日出から広域農道を杵築目指すので、路面何処かで確実に出会うはず、結果は杵築まで2〜3km地点で意外に自転車が速いと知る。仕事多忙な大分空港はそのまま軽四輪行、明日の仕事の準備で大分市内の自宅に直行帰宅。忙しい合間の参加ご苦労さんそして有難う。

杵築駐車場に戻り国東半島横断は走水峠まで上り勾配輪行、下りだけ自走と考え車に便乗したら、道路崩壊迂回路走行となり、暑さも加わり下り路面に至っても自走する気にならず、そのまま輪行で国東半島沿岸走るR213に合流右折、道の駅くにみに向かうと祭り最中で17時早仕舞いで閉店、食堂の海鮮丼がめちゃ旨かったので食べたかったのに残念。

時間に余裕あるので姫島へのフェリー発着場伊美港、見物後竹田津港へ向かう周辺食堂閉店で食べ物無く、乗船時間2時間だと21時福山港着、丁度夕食時間帯なのに船内も食事対応なしで、近隣スーパーで食べ物購入は侘しかった。

福山港到着まで3Fデッキで過ごしたが、乗客まばらの船室内冷房効き過ぎ寒くて居られず、人は慣れると平気になってしまうようだが、あれは絶対身体に悪いと思うわ。本日着岸21時で宿は港すぐ近くも、居酒屋のみ目立つ街中向かう気にならず、夕食は港で食べた祭りのたこ焼き¥350.で終わり。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ