6/30 一足先に函館入り

2016.06.30
1日からの木古内合宿に仲間に先駆け、1日先に函館に向かい我家を9時に出発、いつものように自走で多摩川沿いを天空橋目指した。フライト13時05分で羽田空港到着が12時少時前、時間的に余り余裕なく購入した空弁、ANAラウンジで食べ終えると30分前、出発ゲート前に向かうと、何やら函館空港濃霧で視界不良のため、札幌空港に向かう場合もありますので了承ください、のアナウンスこれってどういうこと?、意外と早くに準備整いフライトすると、すぐ眠くなり夢うつつで到着したのが函館空港で助かった。

予定通り14時25分到着荷物ターンテーブル回り始めるやすぐ、係員が輪行袋持参してくれたので受取って、ロビーから外に出て日陰探し組立て完了、記念写真撮ろうとしたら電池切れシャッター切れず、充電忘れは承知してたけど、1枚も撮れん程電池消耗してるとは思わなかったな。今回通販で購入した、軽量シューズ持参なのでハンドル上がコンパクトになり記録したかった。

お気に入りレーサーシューズは新品はまだ慣らし走行中、入梅期でもあり、雨に濡らしたくないので、粘着テープ張りの普段常用のフィジーク旧製品、輪行袋に張られた粘着テープ丁寧に剥がし、シューズ踵の補強部分を更に念入りに補強、気に入ると新製品に進化しても目もくれない、そう俺っち昔かたぎ旧い人間なんですな。

函館空港から五稜郭近くの宿までは5~6km、到着したも同然なので函館駅から函館山方面へ向かうも、カメラ電池切れ思い出し宿へ戻り、コインランドリーに洗濯物投込み、腹減ったので階下のコンビニでジューシーフレンチトースト、ヨーグルト、アイスクリーム購入食べ始めると、110伝道師から夕食のお誘い電和あり、19時いか太郎で会食海鮮丼馳走になる。木古内から函館転勤になった伝道師とは、一緒に走る機会無くなったのが残念だが、いずれ定年迎えれば趣味に没頭も可能、数年間の辛抱も年老いてゆく俺っちが、その時元気で走れてれば共に楽しむことも夢ではない、走りを長く続けられることは、競技で記録を達成すると同じように賞賛に値すると思う。がんばり続けるつもりでいるがさてどうなりますか…

レコードは図抜けた能力ある者のみが追求できる境地だが、長く続けることはその気になれば誰にでもできること、多くの皆さんに目指してほしいと思うのは、誰でも挑戦資格のある生涯現役サイクリスト。今それに挑戦してる俺っち間もなく81歳誕生日迎えるが、この1年間で150泊の外泊日数で全国走り巡り、13500kmの走行距離を達成してる。80歳の昨年立てた向こう5年間500泊計画順調に経過、85歳で目標達成したら次90歳までの5年間目標を決めるつもりで夢は限りない、俺っちの道をぜひ追いかけてきて欲しい。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ