5/26~27 湯山温泉に連泊

2016.05.29
昨夕スーパーで買い込んだ食糧の本日分、パンとヨーグルトを部屋の中で食べ9時過ぎチェックアウト。天気は雨の心配ないようだが五木村からの遠回りせず、アップダウン避けられない広域農道をのんびり走ることにした。フロンとバック上に表示した部分切り取ったMAP、バイクライダーご用達12万分1では細部読めず、ホテル出発後広域農道探しに手間取る。やっぱガラケーは終了、スマホに転換すべきだなと思いを強くした。

結局五木に向かう国道445走ってれば、相良大橋で広域農道フルーテイラインに交差するので、人吉入口からの走行諦める。信号なしアップダウン覚悟してる広域農道、民家も自販機も無いのがチョイ気がかり、暫く走ると目に入った物産店に立寄りドリンク、店内眺めお茶好き神へ相良茶プレゼント決め、〒メール¥360で新茶5袋購入近くの〒局から発送。

〒局は県道33にあるので大きく戻る事になり、以後人吉までr33を走ることになった。人吉で昼時何か食べましょうと、街中うろちょろするも食堂1軒見かけただけ、鍵無し自転車駐輪するに不安ありパス。R388奥球磨ループ橋走り到達した市房ダム、放水口上の道路で対岸に渡り細長い市房湖周回、湖面全域桜の樹林は万本桜と名づけられ、桜の季節は見事な眺めだろうと思った。全国各地を走って眺めても、季節によって景観大きく変わるので、四季を変え訪問せんと日本原風景は語れん。残り少なくなった俺っち人生で、それを実現させるにはどうしたら良いか課題が発生した。

途中目的地湯山温泉入口あるも無視、湖面一周を完走後逆走して、湖中央に日本一の大噴水の注釈あるマップル案内ある、レストハウスで昼飯はうどん¥700.大噴水は¥500コイン入れると眺められるシステム。子供連れ観光客でも居れば眺めたが、俺っち独りだけでは淋しいので宿へ向かった。

宿到着は15時少時回ったとこでお風呂は入れます、本日お独りだけですので貸切ですと宿の主に迎えられた。自転車も中に入れて構いませんでフロント前に駐輪、連泊するので手間かからず乗り出せこれは助かったな。熊本地震の風評被害でキャンセル続出で、客足遠のき旅館業界苦難の日が続きそう、こういう時こそ足運んであげるべきだと思う。そう俺来月中頃も来訪が決まってるが、更に7月も予定は北海道だけ、戻ってからの予定は再訪を考えてみよう。

掛け流し温泉を独り占め山菜中心の自然食、神さんや娘達なら大喜びしそうなメニューは、俺っ地好みに程遠いのだが、好かん山菜も残さずきれいに完食したよ。18時夕食後宿周辺を写真撮り散歩して、椎葉村に向かう国道265迄歩き宿に戻り、地図つなぎ合わせ近いなと脳内インプット。

この宿でいちばん気にいたのは案内された部屋で、両側窓開け放つと風が吹きぬけ最高、クーラー嫌いな俺っちには自然の風が何より、年間100泊以上日本全国宿泊して、温泉宿も結構な数泊まってるがこういう部屋を独り旅で体験できたはラッキー。夜も開放そのまま眠ったがさすが朝方やや寒く少し閉めたね。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ