5/25 再び人吉市へ

2016.05.26
本日移動先は人吉市で走るコースはR504,r55,r53,R268,R267大隅横川までの15km程は、前回の妙見温泉から鹿児島空港目指したコースの逆コース。天気模様が雨で辛うじて降って無いけど、雨滴ぱらつく天候でカメラ防水袋に入れたり出したり忙しく、大隅横川駅舎も一度見たかったが断念、またいつの日か必ず再訪できると思ってる。

伊佐市街中に入る手前でインしたそば店、外から自転車確認できるお店なので立寄ったが、食べた後で外へ出たら新幹線全駅名と世界各国の面積、人口が木札で表示されてたので写真撮りしたけど、何が目的で表示されてるのか、どう考えてもわけが思い浮かばないので、次回聞いてみようと思うという事はここへもも一度来訪せにならんな。

伊佐市から国道267に替わり、向かう方向も大きく変わると前方嫌な雲行き、案じたとおり小雨降り出し峠越えで上りになる、地図眺めると鹿児島、熊本の県境がある4km程ある長い久七トンネル、8割り方上り勾配の嫌なトンネル抜けると、今度は人吉まで長い下り道だった。宿はPCレンタル付き宿泊プランあったホテルサン人吉一泊素泊まり¥7080.

コインランドリー無く5分ほど街中歩き利用、¥300,の機種2台あり、鹿児島空港のように大型回転式のみで¥700と、ぼったくられる事は無かった。終了まで40分出直しは御免と待合室で雑誌読み耽り過ごした。やっと洗濯完了リュックに背負い次スーパーで食料調達と歩いてたら、旅行者から温泉の場所聞かれ、あれこれ話すと何となんとカナダからの日本人旅行客、この人田舎歩きが大好きで、九州をこまめに回ってるそうで、立ち話で長々喋り合ったけど、歩いて田舎周りと自転車で田舎周り、手段はチョイ違うが人生の楽しみ方に多くの共通点あり共鳴した。

働くときに夢中で働いたので、楽しい余生送れ幸せ後はできるだけ長生きしたいそうで、同年輩と考えてた俺っちが20歳上と知り驚愕、一人旅最高という点で意見合致、今回は細君居らず完全一人旅楽しんでますと嬉しさ満面に現れてた、またどこかでお会いするかもで別れた一期一会。

前回のスーパーマルショクで刺身2点、巻きすし、惣菜2点、ヨーグルト2点、レーズンサンド、芋ケンピ、くるみレーズンパンで夕食と朝食の2食分¥3721のお買い上げ、部屋に戻って夕食分食べまくり。

明日は連泊する湯山温泉へ向かうが天気次第で、五木村から遠回りして向かいたいがはてどうなりますか?
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ