5/21〜22 蓼科一泊ラン往路

2016.05.22
毎年恒例の蓼科♨️一泊往復する店のイベント、今年も気まま参加で走りました。21日土曜日朝珍しく早めに目覚めたのでコースへ向かい家を出たのが6時丁度、暫く走るも意外にも寒いので、一度家に戻って袖無しウインドブレーカー着用の再出発。大垂水峠走行中OST伴走車に抜かれ、時間早すぎ小原の郷トイレ使えず相模湖駅に立寄り、街中で最初の集団に抜かれ、車間空け後方を追走するも、吉野大橋へ左折するを見てB班と判明、C班に同行予定なので右折ペース落とす。

暫時のち静岡県から遠路参加の朝霧モー君、追いついたと大声上げ前方に出て汗まみれで先導は感謝、休憩地猿橋までトイレ我慢出来ず、何時も直前梁川駅で放水するのでその旨伝える。猿橋で五輪先導C班前団到着で小休止、次休憩地笹子峠に向かい集団後方追走、初狩信号で大幡峠越えしたB班が左手から現れる。笹子も峠までは放水我慢出来ずで、街中入ったすぐの笹一酒造トイレ借用、酒嫌いなのによく利用させて貰うので,次までにギブ&テイク考えとくわ。

笹子は旧道峠越えここはコース随一雰囲気最高の場所、ノンビリ楽しみながら走るのが賢明で、参加常連組みは皆さん先刻承知,頂上トンネル抜けは内部暗く注意が必要。ここでもトイレ必要になり野立場所探し、ノンストップで下るも後方から集団届き慌て放水すませ、遅れソロで下るとR20合流信号待ち数人に合流助かる。ペース上がる勝沼BPは集団で走り体力温存が賢明、甲府BPはいつも交通渋滞の難所、コンビに休憩横目に放水場所求め通過が通例、いつも韮崎市の施設利用で武田橋渡り、対岸田圃の中抜ける農道やや遠回りだがここ俺っちコース、穴山橋駐輪場にインターマックス休憩所ありのんびり休憩。

笹子トンネル直行した姫監督、甲府市内で転倒したとかで脛に擦過傷痛々しい、脛以外無傷で自転車も無傷はラッキー。皆に先行して蔦木宿目指そうと先導するも,ペース合わずどうにもならず結局、俺っち後方に続くのがベストと判明も、これって俺的に負荷かかり最悪。この人伴走車に乗るを嫌うので、本日の調子考えると日没現地入り確実参ったと思っていたら、どうした風の吹き回しか伴走車に乗車申しで、助かったよ千世子天使可愛かったな。

富士見峠上ってエコーラインに至る間、またも野立放水場所求め県道左右うろちょろ、気付けばコース外れエコーライン方向へ、地道も厭わず向かい走り抜けマイペース走行してたら、後方からハイスピード二者に抜かれたので、車間空け追走したが向い風受けきつかったなあ、途中ソロラン一名も加わり4名でビーナスライン、前方に家老甲斐軍団青の姿有りラストの登坂区間、バトル登坂に皆を巻込もうと撹乱先頭奪うも、終始先導してた健脚者のみ反応したが、俺っち脚力ではこの人追走無理と即断、後方待ち受け反応意図するも、反応全くなく結局ばらけた状態のまま滝之湯到着。全力出し切った快感を久しぶり体感。80老が若人に戦い挑むは、二次大戦で小国が超大国に立ち向かった、と同じ図式で玉砕あるのみだよ。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ