4/17 ○ちゃんと雨中走

2016.04.19
三河温泉に来訪者あり、東京在住大学生時代にクラブに在籍、一緒にサイクリング楽しんだ若者も、今は我が子が大学生と中年となった。青春期卒業就職で育った郷里を離れ、嫁さん実家浜松市内に在住となり、今は自転車ではなく自動車会社勤務、つい先年娘さんが万願寺で学生生活してる関係で上京、立川クラブランに顔出したので覚えあるかも、彼が俺っち旅日程知って土日、愛知県三河から静岡県浜松と走るのに便乗希望、いや本来なら大歓迎で楽しい2日間送れるはずも、俺っ大ポカやってしまい初日散々、2日目も雨風強くこちらの日も、ルンルンに程遠いサイクリング日和になっちまったけど、それでもそれなりに楽しめたわ。

まずはここ数日走行コースで苦労したけど、本日はすべてお任せ付いて行くだけで超楽々、欲を言えば天気良かったら、写真撮りも楽しめたろうに、現地調達したコンビニ雨合羽、午後から雨あがったが終日着用となった、足親指腫れ痛むが歩く靴で走り濡らすと、夕食外出時レーサーシューズではこれも困るで、二者択一はレーサーシューズで走ることにした。

わかりやすい道は車で混み合うので、なるべくすいてる道を選択しての走りは、時折文明の利器スマホ取り出しては、コース確認する○ちゃん見て、アナログ地図専門の俺っちだがふと思った、そうだガラケーでも現在地置確認はできるから、今度やってみようと思ったな。

昼食は蕎麦屋○ちゃんは豊橋カレーうどん、今流行のご当地B級グルメ、豊橋にしかないとかで彼も初体験とか。行列してるタイ焼きやでタイ焼き食し、立川旧店舗前の手焼きたい焼思い出した、井伏鱒二に師事した文士崩れ、頑固親父だったが行列ができて商売楽しんでたよな、井伏鱒二のある短文小説、実はこの親父の原稿にちょい手を加えたものだったな。弟子を愛する鱒二師匠の思いやり、日本人特有素晴らしい美学も、敗戦ですべて失ってしまった。

88km 4時間47分三河温泉から浜松駅前Hまで雨中のサイクリング無事終了、夕食は浜松名物餃子食べる事に決まり、それまでの間、着衣洗濯と濡れた自転車の清掃、チェン油1駒1適注油し全部使い切ったり、荷物検査通った容器は持ち帰り次回再利用するつもり。 

夕食は車でお迎えの○ちゃんと、スズキ本社前にある餃子で有名な店へ、いや見た途端びっくりしたな表に並ぶ行列、よく見ると店内にも並んでる人居るのよ、すぐ前のアベック客和歌山からで3回目、美味しさにはまったって3~4時間の行程いやはや脱帽。店内は30人ほどのオールカウンター席、これだけ繁盛するとどうだろう家が数軒建てられそう、でも古いお店は数十年変わらずだって、味はどうか?うるさい爺さんの評価って不味くはないけど、数時間かけ行列に並ぶほどとは思われん。年老いて廃業してしまったが、俺っち地元中国老爺作る手造りに及ばない。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ