4/14 五条市へ

2016.04.18
奈良県3泊目五条市へ向かって、雨の心配全くない晴れわたった日、日本最大の村十津川村を昨日に続き自走。新設今戸トンネル抜けず旧道へ向かうと、工事中通行禁止の柵置あり自己責任で進入すると、路面に落石散乱目に付きだし、終に道路全面落石で埋まり金網設置で通行不能、仕方なく来た道延々逆戻り5kmの無駄足。

懲りない爺さん続く大津路トンネルでも、同じ事の繰返しで延々戻って、片側通行中のトンネル通行、迂回確認してた若人係員スマホ眺めながら、横から通れるようなんですけどねと、首傾げながらトンネル通過を出口に連絡。トンネル先から旧道逆走して状況眺めたら、こちら側完全に山崩れで路面埋まり放置のまま、大きな被害状況があちこちで発生したことを知った。

昨日公休日だった谷瀬吊橋手前の蕎麦屋で昼時、そば定食の昼食食べたがこの店以前にも入店した記憶あり。食後再出発すると道路狭く曲がりくねり、難所大塔橋で分岐して直進細道は、天川村へ向かうr53で何度か走ってる道。左折大塔橋渡るR168は長い坂道が続き、頂上に道の駅吉野路大塔あり、龍ちゃんの映画作成でGレモン親子と走りってるので、今回で2度目の体験となったが、頂上越え五条市へ向かい坂下るは初体験、五条市内までは約20kmほど16時過ぎ市内に到着、街中裏道の紀州街道に整備保存されてる旧き町並みは、きれいに整備されてて圧巻30分ほど写真撮りしてからホテルイン。部屋に荷物置いた後もすぐさま、再度の町並み眺めカメラ撮り徒歩外出で、街中隅々路地裏まで歩き回り18時半の夕食時間にだいぶ遅刻する始末。

慌しく食事開始遅れ取り戻すべく、出される料理次々食し副菜で満腹ご飯はキャンセル、部屋に戻って温泉へ向かう、このホテル別棟で日帰り温泉金剛の湯を併設、宿泊客は無料で何度でも利用でき、韓国語飛交う風呂場から部屋に戻って、TVで熊本地震報道知り椎葉村支部長鶴亀翁にメール、とりあえず無事を確認してると家から、大親分からもあった。大阪ピンクからは椎葉の仲間と交信結果報告も届き、さすが人情浪速の男思いやりあり行動の早さにも痛く感動した、よき仲間と知り合いになれて嬉しいわ。

熊本県でも遠い天草BENは携帯番号無く、電話するも音声通話は超混雑中不通状態だった。この後あちこちからのメール飛交って、超忙しい状況になったがSMSは便利よなあ、テレビ報道で眺め被害の大きさに更にびっくり、ご当地奈良県五條市では揺れはまったく感じなかったのに…
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ