4/12 十津川村に向かう

2016.04.18
朝7時前目覚めホテルから眺望写真撮りしながら散歩中、出会った一人旅御仁と会話交わすと、最近の旅は専らバイクですが以前は自転車で走ってたそうで、俺っちの自転車旅の楽しさ年齢伝えると、私も自転車で再度走る事にします、勇気を貰え感謝しますと言われた。定年ライダー自転車再乗は仲間が増え嬉しいわい。

本日コースはR311静大橋で、蛇のように曲がりくねった北山川を渡り、三重、奈良、和歌山県境が重なり合った急勾配路を走行、瀞峡に向かって走る遊覧船の爆音鳴り渡るので、遥か眼下の川底望むと昔プロペラ船で、今やジェット船に進化した遊覧船が目に飛び込み、望遠でカメラ撮りしながらその昔が脳裏を過ぎった。

苦学生の頃アルバイトで修学旅行に写真屋で付随、嬌声あげる女高生達とプロペラ船に乗船、瀞八丁に向かい絶景に感動、その後結婚写真業で生計たて、妻子に瀞八丁旅行を力説するも結局空手形、ツール・ド・ジャパン白浜ステージの帰路、クラブ仲間数人だけでの乗船は、船体軽量となり快速存分に発揮、先発した満員観光船を軽き抜き去り、レース気分で皆が大喜びしたのが2度目の体験。

その後長い自転車人生続けてたら、道路上から遊覧船眺める走りに立場変貌、今回で眺める走りも2回目、前回は逆方向への走りで通過した。長らく同じ趣味続けてると、多種多様な体験ができ人生は実に楽しい。しかし道路が素晴らしく良い道になり、自転車でも走れるようになったけど、半世紀も前は牽いて歩くようだったと思うよ。奈良県十津川村の標識過ぎると、つぎ和歌山県新宮市標識あり、下方には新設高規格路面見え、下るとT字路R169道路標識左方田辺、新宮、右方熊野、北山に思わず右折も逆方と気づき戻る。

左折田辺、新宮だと通り過ぎて来た場所だが、一度戻る感じに走ってR311,R168重複国道分岐点でR168右折、熊野本宮前を通り十津川に向かった。記憶に新しいツールの覇者Gレモン親子と走った道路を逆走、左方からR425が合流してくる分岐を左折すぐ、左方に分岐してる細道r735に進入野猿眺め、つり橋とカメラ撮りすると宿泊旅館山川はすぐ、自転車そのままロビー片隅に展示?連泊するのでこれは助かる。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ