3/17 大分県国東半島へ

2016.03.17
今日から今回旅の最終宿泊大分県へ向かう、本州最後の滞在地周南市徳山で一夜明かし、朝から晴れ渡った好天気自走1~2km街中写真撮りしながら、駅裏にある徳山港へ向かい昼食食べようにも食堂も無く、徳山港出港正午の第2便に乗船2時間で大分県竹田津港へ14時到着、も少し早い到着したくも1日4便のみで、早朝7時発の第1便では早すぎるので、でこれっきり無い感じで仕方無し。

運賃1人¥2800で自転車が¥1100合わせて¥3900と結構高値で、前々日の安芸津→大西が¥380+¥130計¥410とは大違い。自転車は乗船順が先乗りトップで、下船時は最後になり乗船時気にもしなかったが,下船時船倉で待機してたら大型車、観光バス等含め相当数の車両が積載されてて、この航路ドル箱路線の様相も徳山港、到着した竹田津港共に食事処なしは、営業成り立たないからだろうと推察、14時過ぎて腹空いたままの自走出発よ。

暫く走ると道の駅くにみがあり空腹癒すべくピットイン、食堂で食べた刺身煮魚定食¥1900.美味かったなあ、売店の物産品眺め回り、今回の旅では何もお土産買っておらず、明日帰宅であれこれ欲しくなるも金欠、カード使用できる気配無しも問うとNO、売店直前のトンネル先に〒局あり、現金引き出そうと瞬時思うも断念した事を悔やむ、も一度トンネル越え戻る苦労とお土産欲しい欲望、変速出来ない自転車前で葛藤も即決、売店にリュック預け〒局まで往復し現生ゲット。冷凍ショーケース中から魚類爆買い、俺日本人大和民族のはずだが遠い先祖もしかしてポコペン…ー

義兄が体調壊し入院してたと彼岸で里帰りした神からメールあり、遠い昔三宅島読売レースで野球審判仲間連れ、毎年立哨役員務めてくれた義兄の姿彷彿と頭に浮かび、国東半島姫島近海産食べさせてあげよう、仕事も遊びも我がこと忘れ熱中するので今更で申し訳ないけど,気づいただけ良しとしよう。

国東沿岸走行してると、国東サイクリング道路並走に気づき早速体験、道幅狭いが舗装面真新しく快適に走れたが、海岸から離れ紆余屈曲苦心の路面展開、サイクリストのため心遣いに感謝。宿ヴィラくにさき予定よりかなり遅くなったが無事到着、コリアの観光客が大型バスで到着、館内大声のハングル飛び交い災難,隣室が壁薄いのか話し声遅くまで伝わるも、温泉で疲労癒しPC無くツアー最終日は思いのほか早寝する事になった。

3月1日からスタートした今回のツアーも遂に最終宿泊日となり、17日間で1000km越える距離走り高知県3、徳島県4、兵庫県3、岡山県3、広島県3、山口県1、大分県10県に足音残す事になった。次4月は5日から16泊17日の旅が控えてる。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ