3/15 予定変更逆戻り輪行

2016.03.15
昨日昼時海の駅で休憩時何気なし手にしたパンフに惹かれ、かって一度体験したことのある大崎上島町へ向かうことに決めたのが昨晩遅い時間、今朝方7時目覚めるとすぐにルート検索、JR呉線で輪行安芸津まで戻って、フェリーで向かうがベストと判断。出発は9時37分で駅は目の前なので、徒歩で輪行袋転がし移動も楽々で向かう安芸津も、駅前がフェリー埠頭とはお膳立てばっちりじゃん、これは来て下さいと言ってるなと思えるほど。

呉駅発9時37発に乗車しなければならず、朝食バイキング早めにすませ部屋に戻り、輪行袋そのまま転がし駅に向かい自販機で切符¥570購入、乗車した電車は次の駅広行き広で乗り換え安芸津到着、地図では駅前港も現実は反対ホームから,
港は近いが俺っち降りたホームからは、駅外の跨線橋上って下って国道185信号渡ってと、結構な時間消費しフェリー待ち時間少ないので気にしちゃったよ。

安芸津港11時20分発に乗船したと思ったら、すぐ出航し大崎上島町の大西港11時55分到着。対岸にある明石港発15時22発に乗船15時34分大崎下島大長港到着は実は強行軍、上島から走り出したのが12時回ってから、昼飯食べようにも暖簾出てる店なのに、昼時で準備中ってどうして?暫く走ってやっと見つけたお好み焼き店で、店閉じる寸前の飛び込みで焼きうどん¥500、食べ終え島内一周と走り出すも、港へ急がねばならん時間と気づき、山越え近道したら頂上分岐で道取り違え、気づけば元の場所へ逆戻りじゃん、時間に追われ仕方なく往路を逆走しやっと何とか間に合い、下島へ向かい目玉の御手洗(トイレじゃないよ旧い町並み)集落眺めた。数年前の再訪だが更に老朽化した家屋がやたら目に付いた、観光保存してるのだろうが完全に消防危険区画だよ。街並み保存も結構だが程々にして、自分たちの人生楽しんでくだされ俺っちもうここ再訪はしない。

もっとじっくりと裏道歩きしたかったが、何せ時間なく豊浜島、上蒲刈島、下蒲刈島を通り抜け、安芸灘大橋渡り明るいうちに仁方駅まで行きたいので力走開始。歳老いたのでがんばる走りはやってないが、久しぶりに気合入れた走りをしたら、変速機電池切れ赤ランプ点灯変速しなくなってしまったよ、島抜け切るころだったので助かったがまだあと2日間残ってる参ったな。

仁方駅到着18時になってしまい次は30分、自販機で切符購入広島まで¥780結構な距離、1時間では到着しそうもないのでホテルに遅くなる連絡送信。やっと到着した電車は隣駅広行き、広で広島行き待つことを20分18時20分発、単線なのであちこち駅で停車時間長く、広島駅到着は19時を回ってた。

焼きうどん昼飯食べただけの高速走行で体力を消耗、ホテル到着時腹ペコも手持ち現金\733だけ、コインランドリーに¥200必要で外食余地なし、さびしくホテル前のコンビニであれこれカードで買って¥1571なんとか腹は膨れた。

本日走行距離71km 走行時間3時間50分 AV18.4km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ