3/5 四季美谷温泉へ

2016.03.08
徳島入り初日は海岸の宍喰温泉から、山中の四季美谷温泉へ向う旅道中。宍喰温泉前のR55を西方へ10kmほど走った阿波海南駅手前信号左折する、R193が本日走るコースで、目的地四季美谷温泉までほぼ一本道、前回那賀町でパンク駐在の巡査に修理して貰い、上って下ってまたパンクバス輪行したコース逆走が本のコース。

あの時バスを降車した地点で突然目に入ったのが、この先道路前面交通止め看板。はてどうしたものかと地図広げるも、車と違い迂回路走るは時間的に無理、直進し自転車でも無理だったら宍喰戻り頭にGO、10km程は道幅広く勾配もゆるく楽走続いたが、道幅狭まり勾配急になって皆ノ瀬バス停、そう前回バス輪行した轟の滝分岐点じゃん、ここにも交通止め看板設置され霧越峠4km先海川方面通行止め標識、林道に迂回指示あるも林道が荒れててとても自転車では無理、通行止め看板の期日1/14日~3/10日期日に注目、本日3/5日で3/10開通なら5日後OKなら、殆ど出来上がってるはずと判断し看板無視して直行、峠までの4kmが遠くきつかった。

峠頂上到達バリケード自己責任で無視長い下り路面、慎重に下ると落石だらけの路面と時折遭遇繰り返し、スピード落としてるので超長い下り道になり、終に最悪路面になるも徒歩通行で楽々で越えた。坂道下りながら前回ここを逆走上ったわけで、その気力には我ながら感心するわいと納得。しかし交通止め看板の期日だが、下りきった地点の看板は1/14~5/9で終了日が違ってる表記、どうなってるの写真で撮ってるよ。上と下で大きな食い違いあり拙いのでは。

R195から県道で近道R193に合流した見覚えある地点から、路面急によくなり快走柳瀬峡から、出合までR195と重複おにぎり掲示あり、出合からR193単独になり勾配急な上りになり、四季美谷温泉4kmの案内板見て左折温泉到着5時ちょい前だった。自転車中へ入れてくださいと言われ、輪行袋に収納せずフロント横の玄関内部に留置きできた。

夕食のぼたん鍋が大盛りで食べであり満腹、温泉も良かったので道路走行苦労したが報われた感じ。本日走った距離72.23km AV15.1km 4時間45分の走行だった。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ