3/4 宍喰温泉へ

2016.03.07
良く眠り朝7時半目覚める、窓から外眺めると本日も晴天雲ひとつなし、駐車場から次々仕事場に向かう貨物トラックが動き出し、駐車場に空所目立ち残る7台も俺っち朝食から戻り、支度すべて終えチェックアウトした10時前には、駐車してる車はすべて消えてた。

本日コースは土佐湾から室戸岬回、太平洋を望む海沿いコースはこれまで数回走ってる、景観変わらず面白みに欠けるが迂回路無しで仕方ない。ここへんろ道で対向お遍路さんに出会う道路、必ず会釈されるのでがんばってと声掛けるとありがとうございますと返される。

一念発起が何でだか知らんが歩き通し目的達成すれば、人生変わると思われ一念発起したことに意義あるので頑張り通して欲しいと陰ながら思う。本日の宿宍喰ホテルにカメラ届いてるはずで、カメラ持ってないが今日は撮影したいような場所も無く、面白味無い路面も道路状態は良好、アップダウンも無く通行車両も多くなく単に走るには楽々コース。

間もなく宍喰温泉と言う海の駅東洋町で遅い昼食。あまり食べたくないのでピザ¥500頼み、静かな海眺めながら食す。海の駅の内陸側が牟岐線始発の甲浦駅がある、ずっと以前鎌倉美人と横浜好青年のパックハッカーと、甲浦駅舎でばったり出会ったっけ、互いのブログで紹介しあったなぁとふと思い出した。サーフィンビーチもありまた別人のこと思い出したけど、カメラ持ってたらこういう心境には至らなかったと思う。

甲浦と宍喰間が高知と徳島の県境で宍喰まではすぐだった。ホテル早々の到着別棟道の駅2Fにあるコインランドリーで洗濯、床屋探しで届いたカメラ片手に町歩きするも床屋見つからず諦める、やはりカメラあると楽しみは広がる。俺っち本職は写真業だったのよ、喰い逸れになりかけ転業の結果が吉と出たわけ、人生転機でチャンス呼び込んだが神の存在がすべてだな。支えてくれて付いて来てくれた最愛の人無くして今の俺っち存在せず…

夕食会場で相客5人がそれぞれ食事中、駐車場に停車してる車が5台ってことは、皆さん1人旅で俺っち含めると6人すべてが一人旅って、これって珍しいのでは?このホテル2度目の利用だが部屋が豪華、温泉と食べ物もまあ合格で景観も良くマイお気にリスト入り。なるしまさん以前利用して頂きましたね、ありがとうございますの挨拶は中々で商売これが必要。二度三度と利用してる宿も結構あるが、こんな風に声かけられた事は初めてでちょい嬉しかった。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ